この夏、41年ぶりの甲子園ベスト8入りを果たした愛工大名電(愛知)は、野球部グラウンドをボールパーク化したり、グラウンド、ブルペン場にスピードガンを導入するなど、環境設備に力を入れている。その改革を支えているのが、05年のセンバツ優勝に貢献した「アイディアマン」でもある、名将・倉野監督だ。

 倉野監督が現在、推し進めているのは最新機器「ラプソード」を使ってのレベルアップであった。

なぜ動作解析を推し進めたのか?



ブルペンにはラプソードとモニターを設置

「今の若い方はTwitter、TikTokなどSNS、インターネットから発する情報から瞬時に物事を判断しています。そういう代ですから、我々もそういう流れに対応しないといけないと思っています」

 さらに続ける。

「今のプロ野球も最先端の動作解析をしているチームがペナントを制していますよね。ヤクルト、オリックスもホークアイを活用していますよね」

 確かにその通り。だが、我々からすれば、「プロ野球球団がトラッキングシステムを使って生かしているんだな」という感覚しかない。ただ、倉野監督は野球界で起こっている良い現象について、選手たちの成長につながるかもしれないと調べて、何ができるかを考える指揮官である。その投資については、倉野監督も、野球部も惜しまない。

「ラプソード」は去年から導入され、投球練習の中でチェックができるようになった。最近は大学野球部を中心に取り入れているチームも多くなってきているが、詳しく自己分析して、さらにデータを管理し、生かしているチームはどれだけあるだろうか。操作が難解なデバイスを使った数字の管理は根気が必要だ。

 愛工大名電は選手たちが細かな分析ができるよう、とにかく測定を行い、サンプルを集めた。

 選手らはただ数字を知るだけではなく、リリースアングルもチェックして、最適な直球、変化球のリリースを見直している。そのデータは野球部内のクラウド上で共有し、選手たちは自らのデバイスでチェックできるような仕組みとなっている。

 また、投球練習の横にはラプソードの数字をチェックできるタブレッドだけではなく、モニターも設置されている。投げたあとに、投球フォームが遅れてモニターに反映されるようになっており、瞬時に自分の投球フォームを目視することができるのだ。