桜美林エース・吉田 啓人

 2023年の東京の高校野球では桜美林に期待したい。2022年は夏の西東京大会ベスト8、秋も都ベスト8入りを果たし、東京都の21世紀枠推薦校にも選出された。

 夏4回、春6回の甲子園出場経験があり、1976年夏には全国制覇を達成した。現在の東京都高野連に所属するチームで夏の甲子園で優勝経験があるのは日大三帝京早稲田実業桜美林の4校のみ。東京の高校野球を牽引してきたチームだが、2002年夏以来甲子園から遠ざかっている。

 チームを率いるのは1976年夏に主将で甲子園Vメンバーとなった同校OBの片桐 幸宏監督だ。前チームは春まで「苦しかった」と語るが、現2年生も主力として活躍した選手が多く、「経験を積むことができている」と今年のチームには期待している。

前チームは春まで0勝から夏は8強



桜美林・片桐 幸宏監督

 前チームは春まで1勝もできていなかったが、夏は準々決勝まで勝ち上がった。のちに甲子園出場を果たす日大三にコールド負けを喫したが、課題だった守備を強化し、攻撃につなげる野球が光った。

 その守備力は今年のチームも健在だった。秋の大会では失策は0。守り勝つ野球で勝ち進んだ。エースで主将を務める吉田 啓人投手(2年)も「守備に助けられることが多かった。野手陣が意識高く練習している姿を見ていたので、信頼して投げることができた」と力強く語る。

 外野手はヒット性の当たりをアウトにしたり、長打を許さないポジショニングも光った。2番・左翼手で副主将を務める佐々木 健人外野手(2年)は前チームでの春季大会で出た反省が生きていると語る。「秋、春は送球ミスが負けに繋がりました。夏の大会まで、守備は一から作り直そうとチームで決めて、キャッチボールから意識を変えて取り組んでいました」と一球一球に集中力を高め、本番でも1歩目の動きだしが変わったことを実感した。

 内野手も前チームから主力だった3番・遊撃手の松村 健吾内野手(2年)、2番・二塁手の香川 太佑内野手(2年)の二遊間を中心に、「どんな形でもアウトを取る」という姿勢で泥臭く堅守を貫いた。

 秋の失策0の成果に、片桐監督も「内野手はゲッツーを取れるところは確実に取ること」と守備面の課題は次のステップに進んでいる。

日大三との再戦で「力の差」を実感



秋の準々決勝では日大三に延長10回に勝ち越された

 打線は「あと1本」が出なかった。夏の再戦となった秋の都大会の準々決勝、日大三との試合では、先制するも延長10回、2対3の接戦で逆転負けを喫した。桜美林打線は再三好機を作ったが1点を取ることの難しさを実感したという。

「一つ勝つということは大変。あと1本。だいたいそんなもんですよ。でも、その1本が力の差。そういうところで力を出せるチームにならないといけない」

 高校野球の頂点を知る片桐監督にとっても永遠の課題だ。スコアブック上では適時打1本の差。しかし、その1本の裏にある準備、練習量、実力には大きな差があり、勝利か敗北か、という雲泥の差になることを実感した。

 12月9日に21世紀枠の最終候補9校が発表され、そこに桜美林の名前はなかった。来春センバツ出場は叶わなかったが、「そういう形で評価されたということは喜ばしいこと」と間違いなく士気は上がった。「とにかくひたむきにやるしかない。どの学校もやるのだから、ここまででいいというところはなく、とことんやらないと」と片桐監督は力を込める。

 秋の経験を糧に桜美林ナインは古豪復活を目指し、オフシーズンの練習に取り組んでいる。

(記事=編集部)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。