目次

[1]140キロ超えの投手がすでに3名。今年も投手陣は強力!
[2]今年は機動力野球を目指す


 今年、センバツベスト4だった浦和学院。夏は埼玉大会準優勝に終わり、悔しい結果となった。新チームは、明治神宮大会優勝を目指し、日々、レベルアップを目指している。躍進が期待されるチームの陣容を紹介していきたい。

140キロ超えの投手がすでに3名。今年も投手陣は強力!


 浦和学院は投手陣のレベルが高い。宮城 誇南投手(3年)を筆頭に、今年の3年生は140キロ超えの投手が多く、ベンチ外の投手でも強豪大学から注目されるほど素材力は高いが、今年の1、2年生も期待の好投手が揃う。

 月野 龍投手(2年)は東広島ボーイズ時代から評判の好投手で、182センチ、88キロの体格から投げ込む直球は最速145キロをマーク。投球フォームも躍動感があり、取材日で見せた威力抜群の直球は、見応えたっぷりだった。直球以外では、スライダー、カーブ、ツーシームなどの変化球の精度も高かった。期待通りのパフォーマンスを見せてくれれば、一気にドラフト候補に挙がる可能性がある。

 田中 樹人投手(2年)も独特の左足の上げ方から、最速142キロの直球を投げ込む。切れのあるスライダー、カーブなど変化球の精度も高く、期待の逸材だ。

 1年秋から経験のある渡邉 聡之介投手(2年)はシャープな腕の振りから繰り出す最速143キロの直球は切れ味抜群。スライダーの切れ味もよく、総合力も高い。野手としての能力も高く、練習試合では5番打者としてスタメン出場をすることもある。

 そんな速球派右腕3名よりも評価が高いのはこの秋からエースとして期待されている伊藤 充輝投手(2年)だ。

 総合力が高い左腕で、森大監督も最終的には、宮城 誇南クラスまで育つ可能性があると期待を込めている。

 秋の大会でベンチ入り予定の鈴木夕稀投手(2年)も好左腕。そして、ここに来て伸びてきているのは、1年生右腕の鈴木由馬投手。浦和シニア時代から評判の好右腕で、シニア日本代表にも選ばれた。森監督によると、140キロを超える直球とスライダーが抜群と高評価している。

 今夏甲子園を制した仙台育英(宮城)を超えるような投手陣を狙う。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。