目次

[1]金沢監督が提唱する打撃理論のルーツは?
[2]投打の柱も金沢監督の理論で化けた選手 全国トップクラスの強力打線を証明へ

投打の柱も金沢監督の理論で化けた選手 全国トップクラスの強力打線を証明へ



強烈なスイングを見せる小久保快栄(明秀学園日立)

 これまでも明秀日立打線に強力なスラッガーはいたが、今年は金沢監督が「歴代でもトップレベル」と自信を持つ強力打線。金沢監督の理論で化けた選手が多く、特にエースの猪俣駿太投手(3年)は打撃スタイルが大きく変化した。

 喜多方ボーイズ時代は長打力のある選手ではなく、ミートして安打を打つスタイルだった猪俣。金沢監督に一から打撃理論を学んだ。

「中学時代は当てて塁に出るタイプでしたが、高校に入ったら常にフルスイングというのを言われたので、フルスイングでどんどん飛ばしていこうという意識でやっています」

 猪俣にとって幸運だったのは4番・武田 一渓内野手(3年)や、主将・石川 ケニー外野手(3年)など同期にスラッガーが多くいたこともある。

「左打者だったらケニーがお手本になるようなバッティングをしているので、自分にどこが足りなくて、どこを補えばいいのかはケニーを見て参考にしています」

 昨秋は8番打者としてのスタートだったが、練習試合でのホームランをきっかけに、5番に昇格。強力打線の一角へ成長した。他にも佐藤 光成外野手(3年)、小久保 快栄内野手(3年)とスラッガーも揃い、金沢監督は「スケールの大きさでいえば、私が光星(八戸学院光星)の総監督だった北條 史也(阪神)、田村 龍弘(ロッテ)がいた代より上です」と絶賛するまでとなった。冬場の練習では、クリーンアップの選手たちが竹バットで次々と本塁打性の打球を飛ばすなど、明らかにパワーが違った。この打撃理論を最大限に発揮するためにウエイトトレーニングではパワー系のメニューを徹底的にこなし、レベルアップしてきた。

 フィジカル強化+技術力向上をしっかりと両立してきたからこそ、高いパフォーマンスが発揮できている。

 冬の練習では、個々のポテンシャルアップを目指しつつも、「組織力で勝つ」ことも両立するためにバントや細かい戦術も磨いてきた。

 取り組みはしっかりと実り、1回戦では大会屈指の左腕・大野稼頭央投手を攻略した。2回戦では最速149キロ右腕・米田 天翼投手(3年)を擁する市立和歌山と対戦。米田を攻略し、全国トップクラスの強力打線であることを証明したい。

(取材=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。