目次

[1]甲子園を経験した選手が軸となり九州大会出場
[2]鍵を握る投手陣の成長


 昨年、第103回全国高校野球選手権大会への出場を果たした熊本工(熊本)。甲子園への出場は春夏合わせて43度を数え、夏には3度準優勝している。1996年の第78回全国高校野球選手権大会では決勝で松山商(愛媛)と対戦した延長11回に及ぶ激闘は、今なお甲子園の名場面として語り継がれている。

 現在チームを率いる田島 圭介監督も、高校時代は母校のエースとして活躍し2年生時には県大会で準優勝、3年生時にはベスト4に進出した実績を持つ。2019年に就任して以降、チームを2度甲子園出場に導いており、新チームも2季連続の甲子園出場を目指して始動した。秋季熊本県大会は準優勝で九州地区大会進出を決め、22度目の選抜甲子園出場を狙ったが、初戦で佐賀商(佐賀)に3対4で惜敗。投打がかみ合わず、接戦を制すことができなかった。

甲子園を経験した選手が軸となり九州大会出場


「甲子園で新チームの始動が遅れましたが、さらに公立高校は9月中も練習が制限されてしまい、分散登校で1日置きしか練習できませんでした。それも朝の7時から8時までとか、そんなレベルでの練習で。もちろん他のチームも条件は同じですが、その中でも九州大会に出場できたのは、大きな舞台を経験した2年生がいたお陰です」

 チームを率いる田島監督は、現在40歳。明豊・川崎 絢平監督、沖縄尚学・比嘉 公也監督といった次世代を担う気鋭の指導者たちと同世代で、早稲田大時代は鳥谷 敬氏(元阪神、ロッテ)と同級生であった。就任直後の2019年夏にいきなり第101回選手権大会への出場を果たすと、昨夏も監督として2度目の甲子園出場を決めた。

 現在は2学年で63人の部員を抱え、九州でも指折りの古豪を率いるが、今年はチーム力は決して高くないと素直に思いを口にする。

「福岡や宮崎の強豪校と試合をさせていただいても、やっぱり相手の方が1ランク上かなと感じます。秋の大会も、正直どうなるだろうという思いで見ていましたし、春も投手の出来一つでどう転ぶかわかりません」

 九州大会出場の原動力となったのは、前チームからレギュラーとして出場する3人の野手だ。
 主将を務める前高 翔太内野手(2年)は、広角への強い打球が持ち味で3番打者に座る。夏の選手権大会でも2番打者として先発出場し、高いキャプテンシーや勝負強さなど、精神的な面でもチームを支えており、まさにチームの屋台骨を支える選手だ。

「自分の叔父は、熊本工が甲子園で準優勝した時の部員で、自分も熊本工に入って上を目指したいと思って進学を決めました。甲子園出場は自信につながったので、選手としても、キャプテンとしても、さらにチームを引っ張っていきたいなと思っています」

 また長打力が武器の増見 優吏外野手(2年)は、前チームから4番を任され、田島監督も「一番信頼できる選手」と期待を寄せる。兵庫夢前ヤング出身の米田 雄大内野手(2年)は、熊本工出身の父の影響から自身も進学を志し越境入学。スピード感あふれる遊撃の守備を持ち味とし、また打撃でも俊足を活かして1番打者に座り、リードオフマンとして打線を牽引している。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。