駿台甲府(山梨)は昨年春季県大会で優勝し、夏の山梨大会もベスト8進出と、山梨学院東海大甲府がけん引する山梨の高校野球の情勢に、変化をもたらそうとしている。若き指揮官・但田邦之監督の下で、着々と実力を伸ばし続けている。就任4年目で関東大会3度出場の実績を残していることが、強さの証拠でもある。

 2021年の秋は新型コロナウイルスの影響で出場を辞退した。春の大会から巻き返しを図ることになる。今回は、そんなチームをけん引していく主力選手たちを紹介する。


石川 大樹
 最速138キロを計測するが、本格的に投手に挑戦し始めたのは駿台甲府へ入学してからという。あらかじめ軸足を曲げておき、軸足にしっかりと体重を乗せたうえで縦回転で投げる。下半身を意識して使っているのが印象的なフォームになっている。

 立川シニアでの中学3年間は捕手を経験。肩の強さはあったものの入学時は最速127キロ。上半身に頼った野手投げの影響や突っ込んでしまう癖があり、下半身が使えていないフォームになっていたことが原因だった。そこでダルビッシュ有投手(東北高出身)や大谷 翔平投手(花巻東出身)の2人の投球フォームを参考にして、体重移動を見直したことで、自分に合った使い方を徐々に見つけ、球速と制球力を高めた。

 175センチ、75キロと突出した体格ではないが、ボールの質で相手打者を抑えるような実戦タイプの右腕として活躍が期待される。

成島 航生
 最速135キロを計測する駿台甲府2枚看板の1人。山梨ボーイズ時代は左翼手がメインだったが、コーチの勧めで投手へコンバートして、駿台甲府での2年間で球速を10キロ伸ばした。170センチ、76キロと小柄だが、がっちりとしている体格で、力強い球を投げ込む。

 そのポイントとなっているのは連動性だ。元々、制球力に課題を抱えていたこともあり、バウンディングと呼ばれる短距離選手が取り組む全身を使ったジャンプトレーニングや、メディシンボール投げ、シャドーピッチングなどを通じて連動性を覚えさせ、下半身を使ったフォームを習得してスピードを上げた。

 最速140キロへ。伸びのある直球を投げるため、握力など筋力を強化しつつ、力の方向を真っすぐ捕手方向へ向くように創意工夫を凝らしている。将来的には、球の威力で押し込むパワー系の投手として活躍するのではないか。

森本 耕志郎
 172センチ、83キロと体格の良さが魅力で、高校通算18本塁打をマークしている。長打力が光るが、本人は「ホームランだけでは上のレベルでは通じない」と大学以降も見据えて、打率も残せる選手を目指している。鈴木 誠也外野手(二松学舎大附出身)やオリックス・吉田 正尚外野手(敦賀気比出身)を理想像としており、ポイントとしているのが下半身の使い方だという。

 右の股関節に溜めたパワーをしっかりボールに伝えることはもちろんだが、最後まで押し込めるようにするため、壁となる左の股関節を抜くようにして、右側で最後まで押し込めるようなイメージで練習している。

 捕手としても二塁送球1.9秒台を記録。力強い球を投げ込む。山梨県屈指の打てる捕手として春季大会以降はマークされる逸材だろう。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。