目次

[1]OBは大喜び
[2]「新しい形の八商野球」


 1898年創部と滋賀県で最も古い歴史を持つ八幡商。春夏合わせて14回の甲子園出場は、20回の近江に次いで県内で2番目に多い数字だ。

 甲子園では春に3度、8強入りした実績があり、9回表の逆転満塁本塁打で勝利した2011年夏2回戦の帝京戦は多くの高校野球ファンの記憶に刻まれていることだろう。しかし、その夏を最後に甲子園から遠ざかっており、近年は上位まで勝ち残れないことも度々あった。

 そんな中で今年は11年ぶりに秋の滋賀大会を制し、名門復活を印象づけた。その背景には伝統校の強みと先進的な指導の融合があった。

OBは大喜び



北川敦也主将

 秋の大会はクロスファイアーを武器とする左腕の水野と、最速139キロのストレートにスライダーやチェンジアップを操る有園のどちらかが先発して、制球力とマウンド度胸のある石田 大和(1年)が中継ぎ、最後に中川が締めるという形が上手く機能した。

 3回戦以降は綾羽比叡山立命館守山滋賀学園と強豪私学との対戦が続いたが、3回戦から準決勝までの3試合をいずれも1点差で制すと、決勝では有園から石田の継投で滋賀学園相手に4対0の完封勝利を収めた。2011年夏以来となる滋賀県の頂点に立ち、周囲からの反響も大きかったと小川監督は話す。

「OBが喜んでくれましたし、今回は近畿大会も滋賀県開催でしたので、たくさんOBやファンの方も駆けつけてくれましたので、本当にたくさんの人に喜んでもらえたかなと思います」

 伝統校の八幡商はオールドファンが多い。滋賀大会の決勝や近畿大会でも八幡商を応援している人の姿が多く見られ、久しぶりの躍進を喜んでいるようにも感じられた。

 近畿大会では1回戦で和歌山東と対戦して1対3で敗戦。「ここというところで併殺を取れたりとか、守備面に関してはやってきたことがある程度出せたと思います」(小川監督)と堅い守りを発揮した一方で、攻撃面に課題を残した。

「元々このチームに関しては攻撃力がない中でのスタートで、これは夏の大会までに時間はかかるかなと思っていて、近畿大会を終えてみても、それがこれからの課題かなと感じました。相手投手のクセ球になかなか対応できなかったというところがあるので、色んなタイプのピッチャーをこれからどう攻略していくのかというところがこのチームの攻撃での課題かなと思います」(小川監督)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。