目次

[1]いきなり「ノーヒットノーランリレー」
[2]宮地コーチの指導で最速143キロに


 1898年創部と滋賀県で最も古い歴史を持つ八幡商。春夏合わせて14回の甲子園出場は、20回の近江に次いで県内で2番目に多い数字だ。

 甲子園では春に3度、8強入りした実績があり、9回表の逆転満塁本塁打で勝利した2011年夏2回戦の帝京戦は多くの高校野球ファンの記憶に刻まれていることだろう。しかし、その夏を最後に甲子園から遠ざかっており、近年は上位まで勝ち残れないことも度々あった。

 そんな中で今年は11年ぶりに秋の滋賀大会を制し、名門復活を印象づけた。その背景には伝統校の強みと先進的な指導の融合があった。

いきなり「ノーヒットノーランリレー」



八幡商の練習風景

 校舎から少し離れた第2グラウンドが野球部の練習場だ。練習試合ができるほど十分な広さがあり、立派な雨天練習場もある。伝統校と言われるだけあって、設備は充実しており、OBやファンの支援も手厚い。

 チームを指揮するのは同校OBの小川 健太監督だ。大学時代に母校の指導を手伝う中で指導者を志すようになり、他校での勤務を経て、2017年に八幡商に赴任。今年3月までは部長を4年間務め、4月から監督に就任した。

 夏までは投手を中心に守備から流れを作り、攻撃では少ないチャンスをものにするという伝統の野球を継続。春は1回戦で立命館守山に逆転負けを許したが、夏は3回戦まで勝ち進み、甲子園で4強入りした近江相手に4対6の接戦を演じた。

 この時にレギュラーだったのは、新チームで主将となった内野手の北川 敦也(2年)のみ。「この秋に結果を出すのは難しいかな」と小川監督は感じていたそうだ。

 ところが、新チーム最初の練習試合で、秋の主戦となる水野 夢月、有園 広大、中川 翔介(いずれも2年)の継投で、ノーヒットノーランを達成した。「ピッチャー陣をしっかりと育成して、何とか秋の大会を勝ち上がれたら」と小川監督は希望を見出すようになった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。