NPB東北楽天ゴールデンイーグルスと提携し、2018年4月に誕生したクラーク記念国際高校・仙台キャンパス女子硬式野球部。創部初年度に1年生だけで臨んだ選抜大会を含め、これまでの全国大会で準優勝2回の実績を残す。今年8月のユース大会では、直前の選手権大会で優勝した神戸弘陵に準々決勝で敗れたものの、出場校で唯一、延長タイブレークの接戦まで持ち込む粘りを見せた。

 1期生でOGの小野寺佳奈投手は、在籍時に125キロの日本高校女子最速記録(当時)をマーク。今夏の全日本選手権で優勝したクラブチームのエイジェックでも、すでにエース級の活躍を見せる。プロ球団から直接指導を受ける日本で唯一の高校生チームを率いる元楽天選手・森山周(まこと)監督に、プロとアマチュアの指導の違い、チームの変化、などを聞いた。


ーークラーク記念国際が楽天と提携してから今年で4年目になります。指導するにあたって気をつけていることなど、ありますでしょうか?

森山:プロ野球に入ってくる選手は、ある程度の基礎ができていますから、いきなり新しいことを教えることが多いですけど、高校生には〝わかりやすく、わかりやすく〟伝えることが必要です。基本的には同じことを教えているのですが、少し言葉の表現は変えるようにしています。例えば「軸足に体重を乗せろ」とプロでは簡単に言いますが、軸足に体重を乗せるには、まず逆の足に乗せてから、重心を移動することが必要です。プロではしない、もう1個前の段階から話をしていくと、なんとなく伝わるようになるのかなと思います。

ーープロと組んでいるからこそできる指導内容は?

森山:僕がクラーク記念国際の監督になってから、楽天の戦略室を多く利用するようになりました。間違いなく他の高校でやれないのは、プロ野球選手の動画を使った指導でしょう。楽天生命パークのプロ野球公式戦では、三塁側、一塁側、バックネット裏、真上、ピッチャー側と、様々な方向から選手の動画を撮影しています。「この日の、あの選手の動画を送ってください」といえば、すぐに戦略室から動画が送ってきます。自分とタイプの似ている選手の動画を見せてイメージを湧かせたり、良い部分を取り入れたりすることもしています。

 打つだけじゃなく、盗塁のスタートや、ピッチャーのけん制などの動画もありますから、「ここに(投手のけん制の)クセが出ているよね」という話しもできます。そういった細かい話をしていくことで、彼女たちの野球の経験値や知識が増えていきますね。戦略室の(元巨人・楽天の)金刃(かねと、憲人投手)とは現役時代から仲が良かったので、チームの仕事の合間にグラウンドに来てもらって、(クラーク記念国際の)投手を指導してもらったりもしています。

 高校野球というと、全力で走って、全力で投げて、全力で振って、というイメージですが、「それだけじゃないんだよ」と分かってもらえたと思いますし、全体的に野球に興味を持ってもらえた感じはあります。興味を持つからこその難しさを、分かってしまった子もいるでしょうね(笑)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。