目次

[1]公立校の強みを生かした練習スタイル
[2]進学校・太田の強さは自主性を育むことにある


 7月10日より開幕する群馬大会。シード校は8チームとなっているが、そのうちの5校が公立校。選抜に出場した健大高崎はシード権を掴んだが、前橋育英樹徳、そして桐生第一とした強豪私学はノーシードに回っており、群馬県内は群雄割拠にあるといっていい。

 そんな群馬県内では偏差値68の進学校として知られ、春は前橋育英からコールドで勝利してベスト4入り。夏をシード校として迎えることで多くの注目を集めているチームが、県立太田だ。

公立校の強みを生かした練習スタイル


 甲子園での優勝実績もある強豪・前橋育英にコールド勝ちするなど、26年ぶりのベスト4進出。太田は夏に向けて弾みを付ける結果を春の大会で残した。ここまで勝ち上がれた背景には何があったのか。その答えは、指揮官であり、同校OBの岡田監督の口から出てきた。
 「秋に負けた常磐に勝利したことで、それまでやってきたことが間違いなかったと自信を持てたことが大きくて。チーム内で化学変化が起きたことで、前橋育英戦に繋がったと思います」

 春は4強入りしているものの、秋は県大会1回戦で同じ太田市内の常磐に5対10で敗れていた太田。そんなチームがここまでどんな道のりを歩んだのか。

 公立校である太田は、新型コロナウイルスの影響で、昨年6月から練習を再開。まもなく夏の大会に入ったことで、1年生は技術だけではなく、チームのルールや礼儀から教えるところから始まった。また澤田大和主将など経験者がいたものの、チームとしての結束には欠けていた。

 そうした状態であれば、練習量を増やして時間をかけてチームをまとめ、個人のスキルを伸ばす。こうした練習形態を考えるところだが、太田が選んだ方法は真逆。選手たちから時間を短縮することを提案したという。

 「練習量や環境では、公立校は私立に勝つことが出来ません。ただ、頭を使ったプレーや短い練習時間の質を高めること。やりたいことを削るのではなく、圧縮させる。そういった工夫1つでいろんなことが出来るのが公立メリットだと思って、夏休みもやりました」(澤田主将)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。