今春の甲子園に初出場し、1勝を挙げた京都国際。その勢いは留まるところを知らず、春の京都大会でも優勝を果たしている。後編では夏に向けての課題について迫った。

5種類のボール回し



ボール回し

 京都国際の練習で特徴的なのが、ボール回しだ。順回り、逆回り、対角線と行うのは他の学校と大差ないが、その後にワンバウンド送球、わざと落としてから送球、塁間の半分ほどでの距離、走りながらの送球、ランニングスローとバリエーション豊富なボール回しが行われる。かなりの力の入れようだが、小牧監督はボール回しにこだわる理由をこう話してくれた。

 「野球の基本はキャッチボールだと思っているので、その精度を上げていく。タイミングとポイントはバッティングと走塁にも共通することなので、ああいうボール回しでリズム感や感覚を技術と並行して磨いていくことですね」

 ボール回しは守備だけでなく、打撃や走塁の能力向上にも繋がると小牧監督は考えている。また、この練習法は小牧監督が京都国際に来た時に感じた課題を克服するために編み出したものだという。

 「若くてまだ体が動いた時期に自分で今の子の気質や体の硬さを考えて編み出しました。京都国際に入ってきた時は唖然としましたけど、落とした後の処理をしない子がほとんどでした。落とした後、すぐに拾いに行く感覚を植え付けるためにああいう練習をさせています」

 普段から落とした後にすぐ拾いに行く習慣を身に付けていれば、試合でエラーをした時もすぐに対処することができる。このように試合で必要な技術やタイミングの取り方をボール回しで養っていくのだ。

 こうした練習の成果をプロの世界で存分に発揮しているのが、OBの上野 響平(日本ハム)だ。彼のプレー映像を見ていると、難しいボールを難なくさばき、ランニングスローで一塁に送球する場面が度々見受けられるが、その姿が京都国際のボール回しと重なって見えることが非常に多い。

 「頭も良いですし、言ったことをすぐに理解できて、体で表現できるのが上野や曽根(海成/広島)ですね」と話す小牧監督。ボール回しの意図を理解して、着実に技術を伸ばした選手がプロに進んでいるのだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。