目次

[1]日本一からの招待
[2]長打力=打球速度+飛距離



 今年はエース・伊藤 樹、主砲・吉野 蓮などタレントを擁して宮城県大会9連覇。そして東北大会も連覇達成。OBには佐藤 由規上林 誠知郡司 裕也など数多くのプロ野球選手を輩出。高校野球に携わる人間であれば全員が知っている名門・仙台育英

 須江航監督が2018年1月に着任して今年で4年目。「過去3年間からアップデートしているので、濃い内容ができています」と十分な手ごたえを感じている現在のチームに今回は迫っていく。

日本一からの招待


 この言葉を掲げ、現在も活動を続ける仙台育英。昨秋は県大会9連覇、東北大会連覇と今年も仙台育英の存在を大きく知らせることとなった。この結果について「選手みんなで励まし合いながら成長できたことが大きかったです」と島貫 丞主将は語る。

 ただ須江監督の目には新チームの姿はこのように映っていた。
 「まず投手力が高いですね。あと走力は全国屈指だと思っています。ですので、打力さえ伸ばしてあげれば得点力が変わっていくシンプルかつトーナメントを勝ち上がるのに最適なチームでした」

 投手陣をまとめる伊藤も今年のチームについて「今年は足を使える選手が多いです」と説明する。加えて伊藤、そして吉野からは「この学年は野球の本質を分かっている選手が多い」と思考力の高さも、これまでの学年にはない強みだと実感している。

 これらの武器を発揮するべく、秋季大会までの期間は試合をこなしながら守備力と走力を徹底的に磨いていった。選手たちが語っていた野球の本質とはどんなことを指しているのだろうか。その答えは須江監督によって明かされた。

 「野球というスポーツの競技性をきちんと考えると、陣取りゲームだと思っています。人がベースという陣を取っていきながら、ホームを取れれば得点になるゲームなので、走力が一番大事な要素になってきます」

 先述したが、昨秋9試合で34盗塁を記録しているように、数字面からでも走力の高さが伺える仙台育英。その秘訣として、「リードの距離は1センチ、1ミリまでこだわって練習をしています」と吉野が語るように、それほどまでに須江監督は「走力」を重要視して、野球というスポーツに向き合っている。