目次

[1]コロナ禍で全体練習ができず、エースが退部という前途多難の船出
[2]プロ注目の強打者を主将に据えた理由


 高野山真言宗が母体となっている和歌山の高野山高校。野球部は1966年春と1988年夏に甲子園出場経験のある強豪で、近年も2015年と2016年に秋の近畿大会に出場している。

 その名の通り、学校は高野山の山中にある。南海電鉄の極楽橋駅からケーブルカーで高野山駅まで登り、そこからバスで10分ほど行くと、高野山高校に到着する。

コロナ禍で全体練習ができず、エースが退部という前途多難の船出


 校舎の目の前に専用グラウンドがあり、雨天練習場も完備されている。一見すると恵まれた環境のように感じるが、標高約900mの高さにあるため、気温は和歌山県内の他の地域と比べて5~7℃ほど低い。冬場になるとグラウンドが凍結して、満足な練習ができない日々が続くという。取材に訪れた日も前日までに降っていた雪が残っており、朝方はグラウンドが凍っていた。

 チームを率いるのは70歳の伊藤 周作監督。中央大の監督として阿部 慎之助(現巨人二軍監督)を指導した経験がある。他にも大正大、名古屋学院大、NPOルーキーズで監督を務めた実績があり、アマチュア球界では名の通った指導者だ。

 岐阜県出身で高野山どころか和歌山県にすら馴染みのなかった伊藤監督が高野山の監督になるきっかけを作ったのは地元の住職だ。一昨年のある日、身内に不幸があり、葬儀に参列した。その際に中学時代の野球部の後輩でもある住職から「高野山の野球部が今、大変なので、その気があれば、どうですか?」と言われたのが始まりだった。

 当時の高野山は夏の大会前に前任の監督が退任しており、夏の大会でもなかなか勝てない時期が続いていた。以前から高校野球の指導に携わりたいと考えていた伊藤監督は「その気はありますよ」と返答。そこから学校との話も進み、昨年4月から監督に就任することになったのだ。

 しかし、就任直後はコロナ禍で全体練習ができず、エースが退部という前途多難の船出となる。その中でも主将で遊撃手の桂飛勇己(3年)やルートインBCリーグ・石川に進む捕手の植 幸輔(3年)ら能力の高い選手は何人か残っており、昨夏の独自大会では彼らを投手で起用した。