目次

[1]「最弱のチーム」半分は本音、半分は奮起を
[2]「執念」とはボールに顔を近づけること


 3月19日に開幕する選抜甲子園大会で、出場校の中で唯一3年連続の出場権を掴んだのが大分の明豊だ。昨秋は安定した投手陣と、全8試合で1失策の堅い守りを武器に九州大会ベスト4に進出。安定した戦いで出場権をたぐり寄せた。

 だが、チームを引っ張る幸修也主将は振り返る。「新チームがスタートしたときは最弱の世代だと監督に言われ、不安な中でのスタートでした」そんなチームが選抜甲子園出場を掴むまでに、一体どんな成長があったのだろうか。

「最弱のチーム」半分は本音、半分は奮起を


 明豊の所在する大分県別府市は、九州でも指折りの温泉街。海沿いに面していることから冬場は風が強く、毎年張り詰めたような寒さが多くの観光客を迎え入れるが、今年は例年と大きく様子が違う。新型コロナウイルス渦で観光客は遠のき、飲食店も夜間営業自粛により厳しい状況が続いている。

 川崎 絢平監督は言う。

 「別府も観光がメインの土地ですが、コロナ渦で沈んでいますし暗いニュースが多い状況です。選抜で活躍して、もう1回別府に活気を持って来れるようにしたいと思っています」

 そんな地元・別府市の出身である幸(ゆき)修也主将の下で、スタート切った今年の明豊。県外から越境入学をしてくる選手も多い中で、別府市立北部中の軟式野球部出身の幸はとりわけ珍しい存在であったが、前チームから試合出場のチャンスを掴んでおり、甲子園交流試合も出場。

 川崎監督曰く「厳しさと責任感を持った選手」で、そんな幸のリーダーシップに引き上げられるように、当初は力が無いと思われていたチームは堅実に秋季大会を勝ち上がっていった。

 「最弱のチームと言ったのは、半分は本音、半分は奮起を促したと言うか。そう言われることに対して何くそと思って這い上がってきてくれないと、今のままでは甲子園は厳しいなと思い、僕にとっても大きな賭けでした。

 こういう時代で、否定をしたり突き放すような指導はあまり良しとされませんが、交流試合で3年生が甲子園球場での試合を見せてくれたので、その熱で『また甲子園で野球がしたい』と思ってくれればプラスになるはずと思いました」

 実際、川崎監督の思いは選手たちにも届いていた。主将の幸は、危機感の中で秋季大分県大会を戦い抜き、またベスト4に進出した九州大会にも決して満足していないと思いを口にする

 「結果だけを見れば、ベスト4で甲子園出場が決まってよかったなと思うかもしれませんが、明豊は優勝しないといけません。満足せずに練習することと、試合では気持ちの部分で隙が出てしまったので、しっかり改善していきたいなと思います」