目次

[1]全国レベルを見据えた打撃中心のチーム作り
[2]中沢、磯を中心にまずに春の飛躍を目指す


 旧校名の足利学園時代に2度、白鷗大足利になってからも2度と計4度の甲子園出場の実績を持つ白鷗大足利北浦 竜次投手(日本ハム)や大下 誠一郎選手(オリックス)といったプロ野球選手も輩出しており、栃木県内では常に上位進出を狙える位置につけている。

 だが夏はここまで作新学院に9年連続での甲子園出場を許しており、この秋も準々決勝で青藍 泰斗に1対3で敗れるなどあと一歩のところで壁を破ることが出来ていない。後編の今回は、打撃力に力を入れる背景やチームの主力選手を紹介していく。

前編はこちらから!
4度甲子園に出場した白鴎大足利(栃木)打ち勝つべく取り組む5つのバッティング練習【前編】

全国レベルを見据えた打撃中心のチーム作り


 秋季大会で浮き彫りとなった得点力不足を解消するため、「ボールを飛ばす力」と「ボールを捉える力」の向上を目指す白鷗大足利。だが藤田監督は、以前から打撃力を中心としたチーム作りを目指していると言い、その中で工夫した打撃練習法を考案してきた。

 打撃力を重視するようになった理由は2つある。1つ目は、守備力を中心とした野球を展開する作新学院に対抗するため、そして2つ目が全国でも勝てるチーム作りをするためだ。

 「選手はみんな打倒・作新学院と言いますが、作新学院さんの方は常に全国を見ています。我々も全国を見ていかないと、作新学院さんを倒すことはできないと私は思っています。

 例えば、東海大相模さんなどの全国レベルのチームに勝つにはどうしたら良いか考えると、あの打線を0点に抑えるのは不可能に近いので打撃力無しでは勝てません。東海大相模さんと練習試合をさせていただいた時も、プロ入りした投手でも5点以内に抑えたことはないので、6点以上を取れる打線がないと勝てないと思います。そこまで追い求めないと勝てないと思いましたし、逆にそこまでやることができれば作新学院さんとも勝負できると思っています」

 バッティングを行う上で、藤田監督が大事するポイントの一つに「開きを抑える」ことがある。練習の中でも「開きを抑える」ための工夫がいくつもあった。

 ティー打撃は軸足をタイヤに置いた状態で行うメニューがあり、これは前に重心が乗ることで上体が開きづらくなり、股関節の内側に体重が乗る感覚を養っている。

 また、反対に踏み込みの足をタイヤに置いた状態でのティー打撃も行っており、こうすることで体重移動は出来なくなるが、前に少しでも体重を乗せようとする感覚を意識させている。

 この秋は3試合で10得点と課題が残った白鷗大足利。一冬越えて、伝統の打撃力を取り戻すことができるか注目だ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。