第109回 自主性を武器に埼玉の上位勢力にまで上り詰めた浦和実業スタイル2020年11月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 埼玉の実力校・浦和実業。2018年秋ベスト4、2019年春関東大会出場と急速的に力をつけてきた。そんな浦和実業は普段、どんな環境、方針で練習をしているのだろうか。

フリー打撃ができない環境のもと自主性を重視に取り組む



アップに取り組む選手たち(浦和実業)

 浦和実業のグラウンドは、学校のあるさいたま市南区ではなく、緑区の浦和大学の敷地内にある。最寄り駅は埼玉スタジアム2002がある浦和美園駅。

 授業を終えて選手たちは自転車で40分もかけて、グラウンドに向かい、練習に入る。そのため普段は16時半~17時ぐらいから全体練習に入る。

 このグラウンドは普通のグラウンドのように高いフェンスがなく、ボールが飛び出しやすい構造となっており、フリー打撃ができない。基本的にこのグラウンドでは、アップ、キャッチボール、ノックなどの守備練習をメインに使用している。打撃練習ではグラウンドの端にある鳥かごで、練習をしている。

 このグラウンドで凄いのは、ブルペンが6箇所もあること。最近の躍進により、多くの部員が加入し、1学年投手10人も珍しくない選手構成となった浦和実業。

 やはり投手はブルペン投球をしてレベルアップしたいもの。今年はプロ志望の豆田投手の影響で、豆田投手を目指そうと投手陣のモチベーションも高く、多くの投手がハツラツと投球練習に臨んでいた。

 またフリー打撃ができないので、打撃陣はどう意識して練習に取り組んでいるのか?佐藤 晴主将はこう語る。

 「自分たちはフリー打撃はできないので、内容が濃い練習を効率性を大事にしています。ゲージを打つ時でも、試合を想定して、初球から打つイメージでやっています」

  浦和実業は16時半頃から始まり、練習も19時過ぎに終わるため、練習時間は全国的に見たら短いチームだろう。だからこそ創意工夫しながら練習に取り組んでいる。

 では秋ベスト16に終わった今年のチームはどんなチームなのか。多くの強打者、好打者をそろえ、関東大会に出場した2019年のチーム、埼玉西武から豆田 泰志と絶対的なエースを擁して、南部大会準優勝(県ベスト8)を果たした2020年のチームと比較すると、今年のチームは未知数で、いわゆるタレントはいない。

 そこでチームは選手の自主性が大事だという。改めて練習の雰囲気を見ていくと、いわゆる1つでもミスをしたら、厳しい叱咤激励が飛ぶような雰囲気ではない。

 あくまでコツコツと自分の練習に集中して取り組む。それが浦和実業のスタイルなのだ。

【次のページ】 さらに粘り強くなって甲子園にいきたい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1028回 2020年の埼玉は初優勝チームが2校!伝統校、新鋭校がひしめきあう激戦区に!【大会展望・総括コラム】
第272回 今年の高校生右腕は質、量ともに本物。東日本注目24名の右腕リスト【ドラフト特集コラム】
第1244回 吉田輝星タイプと評される怪腕・豆田泰志(浦和実)はなぜ順調に成長ができたのか? 【2020年インタビュー】
川越東vs浦和学院【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs川口【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
川越東vs獨協埼玉【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
浦和実vs越ヶ谷【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
川口市立vs星野【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
第114回 計7回出場の古豪・上尾(埼玉)を率いる高野監督は「選手に会って話をしたい」【高校野球コラム】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
佐藤 晴(浦和実) 【選手名鑑】
豆田 泰志(浦和実) 【選手名鑑】
上尾 【高校別データ】
浦和実 【高校別データ】
大宮工 【高校別データ】
大宮 【高校別データ】
小川 【高校別データ】
川口 【高校別データ】
熊谷 【高校別データ】
国際学院 【高校別データ】
狭山 【高校別データ】
豊岡 【高校別データ】
滑川 【高校別データ】
南稜 【高校別データ】
日高 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
富士見 【高校別データ】
本庄 【高校別データ】
松山 【高校別データ】
和光 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム