栃木の高校野球を牽引するチームといえば作新学院を思い浮かべる人が多いだろう。過去には甲子園優勝やプロ野球選手も輩出する高校野球界の名門校の1つ。その作新学院を秋季県大会で破ったのが、公立校・石橋だ。

 4年ぶりとなる関東大会出場を決め、初戦の東海大相模に敗れたものの、12日に栃木県の21世紀枠の推薦校に選出された。初の甲子園出場に胸が膨らむ石橋の現在を知るべく、グラウンドへ足を運んだ。

 今回はチームスタート時から、現在までの歩みを見ていきたい。

前編はこちらから!
21世紀枠推薦校!平日2時間練習の石橋(栃木)はなぜ作新学院を破ることができたのか?【前編】

エース・篠崎晃成の覚醒


 「(ここまでの結果が出ることは)全然考えていませんでした。秋の大会の組み合わせも強いところに入ってしまった印象がありました」(福田博之監督)

 夏は3年生主体のチームで挑み、2回戦・小山北桜の前に敗れた。そこから新チームをスタートさせたが、カギを握ったのは主将の小林 到だった。

 「キャッチャーの小林は本当に技術も心もしっかりしているので、小林中心のチーム作りと言うことで、バッテリー中心に守りからリズムを作って少ないチャンスを掴むチームを目指しました」

 そんなチームの大黒柱となった小林は「旧チームと比較すると、力はなかったので、ベスト8までいければいいかな」と思っていたとのこと。ただ、他の選手からは「1回戦も勝てるかどうか」という不安だった声も聞こえた。

 チーム全体として関東大会出場までのビジョンは描けていなかったが、守備からリズムを作るべく、夏休み期間中に石橋はシートノックやゲームノックなどを実施。特に石橋の場合は練習環境に制限があったこともあり、こうした練習から実践感覚を養い、練習試合をこなす形で、秋に向けて仕上げていった。

 そうしていくうちに、エース・篠崎 晃成が調子を上げていく。福田監督の中では「好不調の波が激しかった」とスタート時は感じていた。だが、秋の大会前に組んだ明秀学園日立との練習試合で、篠崎が4安打に抑える好投を見せた。ここから「これくらいの力が出せるようになると面白い」と手ごたえを感じ始めるようになる。

 すると、篠崎が監督の期待に応えるかのように県大会で好投。県大会では防御率2.20という内容で準優勝に大きく貢献。優秀選手賞にも選出されるなど、チームの原動力となった。では、篠崎の中で何が変わったのだろうか。

 「大会ではチームの勝利を最優先に投げましたが、自分は速いストレートを投げられるわけではないので、低めに投げて打たせて取ることを心がけました。そのなかでもここ一番で集中して投げられるメンタルと技術がついたところが大きいです」

 明秀学園日立との一戦から打たせて取るスタイルに手ごたえを感じ出していたという篠﨑。そのスタイルを県大会でも発揮したことが結果として、チームの躍進を支え続けた。