栃木の高校野球を牽引するチームといえば作新学院を思い浮かべる人が多いだろう。過去には甲子園優勝やプロ野球選手も輩出する高校野球界の名門校の1つ。その作新学院を秋季県大会で破ったのが、公立校・石橋だ。

 4年ぶりとなる関東大会出場を決め、初戦の東海大相模に敗れたものの、12日に栃木県の21世紀枠の推薦校に選出された。初の甲子園出場に胸が膨らむ石橋の現在を知るべく、グラウンドへ足を運んだ。

平日2時間、ネット越しでは他部活という環境


 JR石橋駅から徒歩11分と離れた場所に学校を構える石橋。偏差値は県内のなかで比較すると高い数字を誇っており、県内有数の進学校という位置づけになる。まさに文武両道と言っていい結果を野球部は残した。

 そんな野球部の練習場所は校庭の一部。取材当日はサッカー部、そしてハンドボール部も練習しており、野球が使える範囲はレフト90メートル、ライト60メートル程度。ネットで仕切りは作っているが、練習場所は隣り合わせという状態になっている。

 また練習時間にも制限がある。石橋の場合、授業は7限まで設けられており、練習開始は16:50頃からになる。そして19時までには練習終了となっているため、放課後は2時間程度しか練習ができない状況。

 朝練として30、40分ほどバッティング練習をして補っているものの、土曜日にも課外授業があるなど周りの学校に比べれば練習量では劣ってしまう。こうした練習環境のなかで結果を残せたことが栃木県の21世紀枠の推薦校選出の大きな要因の1つだが、指揮を執る福田博之監督は前向きに捉えている。

 「自分たちよりも制限されているチームもありますので、仕方ないです。ただ限られた範囲で工夫をすればいいと思いますし、限られているからこそ、いい方向に進んでいると思います」

 今年のチームをまとめる小林 到主将に話を聞いても、この環境だからこそできていることがあることを感じ取っている。

 「長い時間で多くのメニューをやるよりも、短い時間でも少ないメニューで集中して質を高めていく。そこが秋の結果に繋がった1つの要因だと思います」

 福田監督は「まだ甘い部分がありますね」と選手たちにはより高いものを求めている。この環境だからこそ、磨かれたものがあった。それは暴投、特に高めに投げてしまったことによる暴投が減らせることだ。