秋季東京都大会で存在感を示した都立校と言えば、帝京を破った都立小山台の印象が強い方が多いだろう。日大三相手にも0対1と好ゲームを見せ、春も躍進が期待される。

 その都立小山台と同じ東東京で、指折りの都立校と言えば都立城東を忘れてはならない。夏の東東京大会ではベスト8進出。甲子園にも出場経験を持つ都立校は毎年注目される存在だが、なぜ結果を残し続けられるのだろうか。

理想は冷静に勢いを出したい



 江東区にある学校へ取材で向かうと、当日は他の部活動と校庭を半分ずつにして練習スタート。時間が経ってから全面を使って練習ができたが、19時には完全下校のため、練習できるのは3時間程度。都立城東は時間も場所も制限があるなかで、甲子園を目指して日々練習を行う。

 チームをまとめる高垣翼主将も「時間を無駄にしないように動いています」と限られた環境を選手たちは理解している。だからこそ、効率よく練習することは都立城東では当たり前となっている。

 取材日は1班15分に分かれて徹底した時間管理のなかで練習が進んだ。交代の合間もてきぱき動いており、練習の雰囲気は良いように感じたが、「やり方や取り組み方はまだまだだと思います」と内田稔監督は評価する。

 そんな内田監督はチームの仕上がりをこのように語っていた。

 「まだチームとしては成熟していないです。選手間のかける声やプレーの前後、プレー中の気づきがまだです。観察力や洞察力、考えたり伝えたりする力もまだまだです」

 2つ、3つ先のプレーまで考えて動けるようになって欲しいことを願っている内田監督。そのために野球以外の時間、つまり学校や自宅でどれだけ周りに気配りが出来るのか。普段の生活への指導も力を入れている。それは観察力や洞察力の基礎となる、客観視や冷静さを養うためだ。

 「勢いだけだと一過性のものになりますが、冷静に戦えれば一定の力を発揮できます。どうしても野球の特性上、動かない時間が多くて心が揺らぎやすいです。だから弱いチームが強いチームに勝つ野球の醍醐味があるのですが、冷静さをもって勢いを出せるのが一番だと思うんです」

 だからこそ、選手それぞれが周りへの気配り、大人な対応ができるような冷静さを持てるように内田監督は指導をしている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。