第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習2020年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2011年以来となる近畿大会優勝を果たした智辯学園。投打ともに総合力の高さが目につくが、やはり長年の伝統といえば、超強力打線である。近畿大会ではチーム打率.353、3本塁打、28得点と強打を発揮。しかも相手はどこも好投手を揃えるチームである。今回はレベルが高い投手たちを打ち砕く智辯学園の打撃練習に迫ってみた。


選手の勝負強さを鍛える1球バッティング



智辯学園の打撃練習の様子

 9月初旬、打撃練習に参加した選手たちは次々とライナー性の打球を飛ばしていた。智辯学園の選手たちは打撃練習の取り組みが非常にいい。

 まず最初に行っているのがバントだ。レギュラー選手たちはしっかりと投球の勢いを殺し、三塁方向、一塁方向へ転がしている。これは打者の打撃技術を鍛えるのと、戦略的なものがある。まず打撃技術が高い選手ほど犠打がうまく、4番打者・前川 右京はバントが実に上手い。こういうところからミートセンスの高さが伺える。

 さらに近畿大会でも話題にもあがった「1球バッティング」。
普段は3球~5球打ってから交代するのに対し、1球だけ打って交代するものである。打者も、打撃投手も緊張ものだ。それでも智辯学園の打者たちは次々と快音を飛ばしていく。主将の山下 陽輔はこう語る。

 「試合でしたら、何球もないので。1球で仕留めないといけません」
どんな場面でも1球で仕留める技術を身に着け、勝負強い打者へ成長していく。その成果は近畿大会決勝に現れ、山下、前川の2人が揃って本塁打を放った。山下は当時、足を痛めていて、練習をしていなかったが、前川は1球しかない状況の中で次々と長打性の打球を連発をしていた。

 また、ライナー性の打球や逆方向への打球が多かったのは、大会ならでは事情がある。
「大会前なので、逆方向への打球などチーム打撃を徹底して行っています。冬の練習や大会が終わった後の打撃練習では体を大きく使って飛ばすことを意識しています」

 1つ1つの打撃練習にも意図がこめられていた。

【次のページ】 待ち時間も無駄にしない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs滋賀学園【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第274回 岡本和真を輩出した智辯学園期待の怪物スラッガー・前川右京の進化の軌跡【ドラフト特集コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
前川 右京(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム