2011年以来となる近畿大会優勝を果たした智辯学園。投打ともに総合力の高さが目につくが、やはり長年の伝統といえば、超強力打線である。近畿大会ではチーム打率.353、3本塁打、28得点と強打を発揮。しかも相手はどこも好投手を揃えるチームである。今回はレベルが高い投手たちを打ち砕く智辯学園の打撃練習に迫ってみた。


選手の勝負強さを鍛える1球バッティング


 9月初旬、打撃練習に参加した選手たちは次々とライナー性の打球を飛ばしていた。智辯学園の選手たちは打撃練習の取り組みが非常にいい。

 まず最初に行っているのがバントだ。レギュラー選手たちはしっかりと投球の勢いを殺し、三塁方向、一塁方向へ転がしている。これは打者の打撃技術を鍛えるのと、戦略的なものがある。まず打撃技術が高い選手ほど犠打がうまく、4番打者・前川 右京はバントが実に上手い。こういうところからミートセンスの高さが伺える。

 さらに近畿大会でも話題にもあがった「1球バッティング」。
普段は3球~5球打ってから交代するのに対し、1球だけ打って交代するものである。打者も、打撃投手も緊張ものだ。それでも智辯学園の打者たちは次々と快音を飛ばしていく。主将の山下 陽輔はこう語る。

 「試合でしたら、何球もないので。1球で仕留めないといけません」
どんな場面でも1球で仕留める技術を身に着け、勝負強い打者へ成長していく。その成果は近畿大会決勝に現れ、山下、前川の2人が揃って本塁打を放った。山下は当時、足を痛めていて、練習をしていなかったが、前川は1球しかない状況の中で次々と長打性の打球を連発をしていた。

 また、ライナー性の打球や逆方向への打球が多かったのは、大会ならでは事情がある。
「大会前なので、逆方向への打球などチーム打撃を徹底して行っています。冬の練習や大会が終わった後の打撃練習では体を大きく使って飛ばすことを意識しています」

 1つ1つの打撃練習にも意図がこめられていた。