目次

[1]強敵との戦いで今の自分たちを知るところから始める
[2]成功体験を積み重ねながら基本を固めていく


 帝京の劇的なサヨナラ勝利で幕を下ろした東東京大会の激戦から早くも2か月が過ぎた。その大会で昨夏に続いてベスト16まで進出を果たしたのが城西大城西だ。

 過去には甲子園に2度出場した経験を持ち、OBには元プロ野球選手で盗塁王3度受賞の実績を持つ高橋慶彦らがいる。

 毎年東東京の中でも注目されるなど実績は十分だが、2017年は夏3回戦、2018年は夏2回戦と早期敗退となる時期があった。そんなチームの立て直しを図ったのが現在、監督してチームを率いて2年目となった山崎警監督だった。

強敵との戦いで今の自分たちを知るところから始める


 現役時代は川越商から神奈川大、そして西濃運輸でプレー。指導者としては神奈川大学や市立川越。さらには飯能南富士見ふじみ野といった埼玉県内の公立校で選手たちの指導にあたってきた。

 それだけの実績をもって古豪・城西大城西の復活を学校から託された山崎監督。4月に就任し、夏の大会で結果を残すべく、山崎監督がチームに就任してからまず取り組んだことは強豪校との練習試合。これまでに培ってきた人脈を活かしながら試合を組んでいったが、対戦相手は花咲徳栄浦和学院。さらには健大高崎といった全国でも名の知れたチームばかりだった。

 「強いところが自分たち相手に本気で試合をするとどうなるのか。それを選手たちに肌で感じて欲しかったんです。だから5月から強豪校と試合をやっていきました」

 最初のうちは2桁失点をするような試合もあった。また選手起用でも、当時の3年生メインで戦っていたことに納得がいかず苦情の声が山崎監督の耳にも届いていた。それでも我慢して戦い続けていくと、次第に点差は縮まっていったという。

 「自分たちと同じくらいの実力のチームと戦って勝敗に一喜一憂するのではなく、強いところとやって自分たちとはどれだけ違うのか。これを知ることで自分たちの本当の実力を知ることが出来るんです」

 負けを通じて実力を知り、自分たちの戦い方を見出す。これが就任してわずか3か月後で夏の大会16強進出を達成した山崎監督のスピード改革だった。