第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは2020年09月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]報徳学園の強さを支える濃密な練習
[2]140キロ超えの投手2名、スタメン野手もタレント揃いの課題は


 夏15回、優勝1回、センバツ21回 優勝2回と輝かしい実績を誇る報徳学園。今年の報徳学園は近畿圏内ではトップクラスの戦力を誇ると評判だ。そんな報徳学園の強さの秘密と課題に迫る。

報徳学園の強さを支える濃密な練習



チームの4番・湯水海

 まず報徳学園の強さを支えるのは、豊富な練習量だ。そのために、指導陣が工夫を凝らしている。
 野手では宮﨑翔コーチ、投手では東海大でコーチとして指導をしていた礒野剛徳部長の下、様々なメニューが組まれている。

 報徳学園のグラウンドは軟式野球部、サッカー部、ラグビー部と共用。ただ、グラウンド以外にも陸上トラックやグラウンドの周りの練習スペースとなる場所があり、選手たちはそこでも工夫する姿勢が見て取れた。

 練習が始まった16時頃はシート打撃を行っていた。シート打撃では、ベンチ入りしていない投手たちが登板していたが、それでも投げ込むボールは速く、報徳学園以外のチームであれば、公式戦でも登板できるような実力があった。

 そういう投手たちにも次々と快音を響かせたと思いきや、今度は夏までエースだった坂口 翔颯が登板。坂口の快速球に始めは空振りを繰り返しながらも徐々に適応し、快音を響かせていた。実戦さながらの練習で勝負強さを養う。シート打撃が終わると、4か所のフリー打撃に入る。

 その合間、控え選手は砂場でトレーニング、グラウンドの隅で素振り、陸上トラックで投手はランメニュー、体幹トレーニングとまんべんなく練習を行う。

 日が沈むと、選手たちは外野ではなく、バックネット裏に向かって打ち続ける。また鳥かごの中ではチームの4番・湯水 海が黙々とマシンに向かって打ち続ける。

 そして外野を見渡すと選手が内野手たちのノックの雨を浴びせ、黙々と捕球する。

 さらに投球練習では多くの投手がブルペン入りし、礒野部長とマンツーマンで投球フォーム、ボールの軌道、配球を確かめていく。

 多くの選手がとことん練習を積む。これが報徳学園のスタイルだ。こうした練習の背景に大角健二監督はこう説明する。
 「クラブ活動は学生にとって一番自分を表現できるやりがいがあるところですので、モチベーションを高めてもらわないと学校生活にも支障をきたすと思いますし、イキイキとやってもらいたいと思います。なるべく選手たちには満足できるよう、こちらは場を提供できればと考えています」

 こうした練習環境が報徳学園の強さを生んでいるといえるだろう。

【次のページ】 140キロ超えの投手2名、スタメン野手もタレント揃いの課題は

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第111回 ミレニアム世代トップランナー・小園海斗の成長過程を報徳学園時代からひも解く【高校野球コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第111回 あの名将があの高校へ!元U18日本代表監督や横浜高校など、この春にあった主な人事異動一覧 【高校野球コラム】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
向高 滉人(報徳学園) 【選手名鑑】
坂口 翔颯(報徳学園) 【選手名鑑】
下井田 悠人(報徳学園) 【選手名鑑】
田中 隼人(報徳学園) 【選手名鑑】
田村 剛平(報徳学園) 【選手名鑑】
花田 大雅(報徳学園) 【選手名鑑】
久野 悠斗(報徳学園) 【選手名鑑】
森 新之助(報徳学園) 【選手名鑑】
湯水 海(報徳学園) 【選手名鑑】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム