近年、東京で新進気鋭のチームとして注目を浴びるのが共栄学園だ。
 2017年の第99回全国高校野球選手権東東京大会ではベスト8に進出し、昨年の秋季東京都大会でもベスト8に進出。2回戦では成立学園、3回戦では堀越を撃破するなど、着実に実績を積んでいる。

 原田健輔監督も「予想以上に多くの部員がいて期待も大きい世代」と話す今年のチームだが、夏への思いに迫った。

秋はベスト8進出も大きな課題にぶつかる


 今年の3年生の選手たちは、3年前の夏の選手権東東京大会ベスト8を見て、共栄学園への進学を決めた選手たちだ。
 エースの清水 一眞や主将の岩元 大威といった主力選手は、口を揃えて「ここなら上を目指せると思った」と話し、上位進出を目指して30名を超える選手たちが入部。

 岩元や清水、そして堤 桂介といった選手が1年時から実戦経験を積み、新チーム結成時から多くの選手が手応えを掴んでいた。

 「一つ上の代から出ている選手が多く、秋は頑張れば上位までいけるなと感じていました。
 夏の練習試合でも経験のある選手が中心となって戦い、勢いがあったと思います」(エース・清水)

 実際、秋季大会では選手たちはしっかりと実力を発揮し、ベスト8まで進出する。
 ブロック予選を突破し、東京都大会1回戦でも都立南平を8対1で下すと、2回戦では甲子園出場実績もある成立学園を12対2と圧倒する。

 シード権を懸けた3回戦では、実力校の堀越を相手に序盤から優位に試合を進め、4対2と接戦をものにした。



原田監督の話を聞く選手たち

 2017年夏以来となるベスト8に進出し、躍進の秋となった共栄学園だが、それでも原田監督は「まだ冷静に戦うことができていない」と厳しい口調だ。

 というのも、準々決勝の都立城東戦での負け方が、あまりにも悔いの残るものであったからだ。
 準々決勝の都立城東戦は、4点の先行を許す苦しい展開であったが、8回裏の集中打で共栄学園は一気に同点に追いつく。誰もが逆転勝利を確信する追い上げであったが、その直後の9回表に2本のタイムリーであっさり3点を勝ち越され、共栄学園は4対7で敗戦。

 原田監督は、大会で勝ち進む中での経験値に差があったと反省する。

 「あの試合が、この代の全てだなと思いました。それまでの試合はすべて先制点を挙げて勝ってきたのですが、準々決勝では先制点を取られてしまい焦ってしました。

 終盤に相手投手が変わったところに追いつきましたが、そこでまた浮足立ってしまったように思います。
 最後の最後まで、試合が終わるまでは冷静に戦っていきたいなと学んだ試合でした」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。