目次

[1]1番から9番まで全員ホームランを打つようなチームを作る
[2]強いチームを倒す、そして最終的にはベスト4へ

 プロ注目左腕の中尾 純一朗(3年)に最速145㎞/h右腕の斎藤佳紳(3年)、高校通算34本塁打の主将・山口 竜平(3年)と投打に注目選手が揃う近大泉州。昨春には大阪桐蔭と対戦し、敗れはしたが、1対3と善戦した。

 7月18日に開幕する令和2年大阪府高等学校野球大会でも上位進出が期待されている。激戦区の中で存在感を示している彼らはどのようにして力をつけてきたのだろうか。

 後編となる今回は、府内指折りの打撃力を生み出した秘訣に迫り、また夏への意気込みについても伺った。

前回の記事はこちらから!
タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】

1番から9番まで全員ホームランを打つようなチームを作る


 この敗戦を機に、冬場は肉体改造を目指して筋力アップに取り組んだ。学校にあるウエイトトレーニングの器具をフル活用し、打撃の飛距離向上を図ってきた。その成果もあり、10㎏以上体重が増えた選手もいたという。

 また、パワーをつけるためにティーバッティングでは1.2㎏、フリー打撃では1㎏と試合で使うものよりも重いバットを使用している。
 「毎日、重いバットを振っていると、普通のバットに持ち替えた時に軽く感じて、スイングスピードが倍になったように感じます」と山口は重いバットで練習することの効果を実感している。こうした練習の成果もあり、清水監督は春以降の戦いに自信を見せていた。

 「一冬越えて、打球が凄く飛び始めましたね。1番から9番まで全員ホームランを打つようなチームを作るというのが僕の口癖でしたので、本当に変わったなと思います」

 しかし、その後に新型コロナウイルスの感染が拡大して、春季大会は中止になってしまう。「抽選までして、『ここからやるぞ!』という時だったので、ガッカリでしたね」と清水監督は落胆を隠せなかった。

 近大泉州は小高い丘の上にあり、周辺に民家は少ない。2、3年生の大半は寮生活をしており、他の生徒も最寄駅からスクールバスで通学してくる。こうした条件から三密になる恐れも少なく、4月上旬までは通常通り練習を行うことができていた。

 しかし、緊急事態宣言が出たことによって、寮にいる選手たちも全員が実家へと帰省。その期間も先述の通り、個々でしっかりと練習を詰んできた。

 「この冬で個々の能力は上がってきました。まだ全体のチーム力が欠けていると思うので、個々の能力をまとめるチーム力をこの1ヶ月で上げていきたいと思います」と山口は独自大会に向けての手応えと課題を語る。これからは実戦感覚を取り戻し、開幕までに組織力を高めていきたいところだ。