第1014回 近年、急上昇中の京都国際。甲子園出場するための課題と冬の取り組みに迫る【前編】2020年06月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【京都国際の練習の模様をギャラリーでみる】
[1]課題は試合での駆け引き、野球力
[2]オフシーズンの取り組み内容


 昨年は春の京都大会で初優勝、上野 響平が日本ハムからドラフト3位指名を受けるなど、話題を集めた京都国際。今年も早真之介と釣寿生(ともに3年)がドラフト候補に挙がっている。そんな京都国際のチーム作りの指針に迫る。

課題は試合での駆け引き、野球力



シートノックの様子

 今夏に甲子園初出場を成し遂げることはできなかったが、下級生にも有力選手が揃っており、来年以降も十分に期待が持てそうだ。これまでは勝利よりも育成に力を入れてきたが、いよいよ上で活躍できる選手を育てながら勝てるチーム作りに挑戦しようとしている。

 昨夏は甲子園まであと一歩まで迫ったが、決勝戦の立命館宇治戦でサヨナラ負け。序盤に2点のリードを奪うも、8回裏に追いつかれ、9回裏にエースの酒井 海央(現日体大)が力尽きた。

 悔しさを味わって始まった新チーム。酒井や上野といったタレントは抜けたが、4番の早、正捕手の釣に加え、内野の要である森下結翔(3年)、安定感のある左腕投手の入海勇太(3年)など軸になる選手は残っていた。今春のセンバツ出場を狙えるだけの力があると思われていたが、小牧憲継監督は秋の時点で甲子園は見えていなかったと話す。

 「持っている能力は高いけど、試合での駆け引きとか野球力がなかったので、その時点で甲子園はまだ見えてなかったですね。去年は勝手に自分たちで考えてできるチームでしたが、今年は能力がある分、それでどうにかなってきて深く考えることができない子が多いです。相手の心理を読む駆け引きとかを一年かけて鍛えていけば、夏には去年のチームを超えるチームになると思っていましたけどね」

 その不安は的中した。準々決勝の京都外大西戦では8回裏に5点を勝ち越すも、直後の9回表に8点を奪われて逆転負け。「流れでやられてしまった」(釣)と勝利への執念を燃やす相手の勢いを止めることができなかった。

【次のページ】 オフシーズンの取り組み内容

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1174回 守備は甲斐拓也。打撃は鈴木誠也。京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像【後編】 【2020年インタビュー】
第1174回 高校通算25本塁打の強肩強打の捕手・釣寿生(京都国際)。キャッチャーとして大成するヒントになったステップ【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 完成系は稲葉篤紀か?高校通算27本塁打・早真之介が見据える、ラストサマーへの想い【後編】 【2020年インタビュー】
第1186回 140キロの剛腕左腕だった早真之介が高校通算27本塁打を誇る京都屈指のスラッガーになるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 早、釣のドラフト候補だけではなく、全学年に逸材が揃う京都国際。そして選手の個性を引き出すスタッフ陣にも注目!【後編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第992回 高校野球ドットコムが選んだ「2019年最強ベストナイン&MVP」を発表!【大会展望・総括コラム】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
京都外大西vs京都国際【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都国際vs嵯峨野【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
京都国際vs須知【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
神戸国際大附vs京都国際【2019年春の大会 近畿大会】
京都国際vs京都共栄【京都府 2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
上野 響平(京都国際) 【選手名鑑】
京都国際 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム