• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 激戦区・兵庫県の雄・市立西宮(兵庫)。3度の甲子園出場の歴史持つ、学業と両立するチームの強さの秘密

第1017回 激戦区・兵庫県の雄・市立西宮(兵庫)。3度の甲子園出場の歴史持つ、学業と両立するチームの強さの秘密2020年03月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【市立西宮の練習の模様をギャラリーでみる】
[1]改革の根底にあったのはバスケットボール
[2]強豪私学を超えるために必要な自分たちの野球を信じること

強豪私学を超えるために必要な自分たちの野球を信じること



吉田俊介監督

 監督に就任して2、3年はなかなか勝つことができなかった。しかし4年目から公式戦でも勝てるようになり、練習方法も含めて自信を持ち始めた吉田監督。

 だが、どうして考えて練習をすることを大事にさせているのか。それは、市立西宮は野球が強いだけではなく、進学校としても県内では有名な公立校であるところも関係している。

 実際に1年生の丸本拓弥も「全員が賢いですし、難しいことでも全員で教え合ったり助け合ったりしています」と選手間で考えながら練習をしていることを語る。

 市立西宮の部員の中には部活動終わりに塾に通う選手もいる。丸本は半日練習の日には最低1~2時間の勉強している。また平日でも同じくらい勉強に時間を費やすなど、丸本をはじめ文武両道を貫く選手が多くいる市立西宮。こうした日々の学習で培った理解力こそ、チームの武器になっているから考えて練習をするのだ。

 「選手たちは賢く理解力がありますので、それを活かすということで1つのプレーに反省点があれば、話し合いをする。ノックの前にもポジションごとに15分くらい話し合って、課題を消化させています」

 今年のチームは『限界突破』をテーマに掲げて練習を重ねてきた。豊富な投手陣を活かしつつ、粘り強い試合運びで兵庫県を勝ち抜いた。その中でポイントだったのが打撃だ。
 「守備はある程度計算ができましたので、去年のチームより打力は落ちました。そこでファールで粘ったり、逆方向に打ったり。シングルヒットで繋ぐ、野手の間を抜くバッティングをやらせていきました。いい方向に結果が出て良かったです」

 秋季県大会では報徳学園にコールドで負けたが、兵庫県の21世紀枠の推薦校に選出された。吉田監督はこの選出を受けて、「取り組み方、練習への意識が高まり、身が引き締まりました」と選手たちの変化を感じ取っていた。

 惜しくも近畿地区の21世紀枠推薦校には選ばれなかったが、夏に向けて気持ちを切り替えて高い意識をもって練習に打ち込んでいる。春の県大会は開催されるか不透明となっているが、市立西宮を引っ張るのは、兵庫県選抜のメンバーだった太田 薫。そして元気の良さでチームを明るくする三浦泰正の2人だ。

 この2人を軸に強豪私学勢の壁を超えていく市立西宮。最後に私学の厚い壁を超えるために必要なことが何なのか。吉田監督に語ってもらった。
 「『自分たちも強いんだぞ』という気にさせるか。最後の最後で勝ち切るための自信を付けさせることができるか。自分たちの野球を信じられるかだと思います」

 相手に合わせて様々な戦い方を展開して勝つ、水のような試合運びを理想に掲げた吉田監督。試合の勝負所で自信を持つために、創意工夫を重ねていく市立西宮。考え、鍛え抜いた先に春夏合わせて4度目の甲子園が待っているのではないだろうか。

(取材=編集部)

関連記事
◆他の野球部訪問を読む
「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)
「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第90回 強竜復権へ!竜の黄金世代の小さな巨人・山本拓実(中日ドラゴンズ)【高校野球コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
市立西宮vs甲南【兵庫県 2019年春の大会 平成31年度春季兵庫県高校野球大会】
第611回 勝つ確率の向上を呼び込む徹底力とフィジカルでまだ見ぬ景色は甲子園で見る!明石商【後編】【野球部訪問】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立西宮vs宝塚西【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
第665回 柳野友哉(神戸中央シニア)高い向上心で侍ジャパンの4番を掴んだ男! 【2018年インタビュー】
市立西宮 【高校別データ】
兵庫県大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム