第1015回 2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】2020年03月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【興南の練習の模様をギャラリーでみる】
[1]夏にかけてピークにもっていくのが興南スタイル
[2]コロナウィルスで対外試合が中止。県大会も延期。それでもできることはある。



 

 昨年秋の県大会三回戦。第一シードの沖縄水産とぶつかった興南は、よもやの2対10。7回コールド敗退の屈辱を喫した。あれから長い期間、自分たちの足元を見つめ直したナインは確かな自信を掴み、目の色が変わっていた。この春、最強のチャレンジャーとして挑む興南高校のグラウンドへ伺ってきた。

夏にかけてピークにもっていくのが興南スタイル



ナインに指示する我喜屋監督

 我喜屋優監督は秋の反省としてこう振り返る。
 「勝った負けたは必ず原因があるもの。僕らが負けた原因は、技術的なものもあるけど、体力も無かった。」

 それ故に、興南らしくないエラーが出た秋だった。
 体力が無いからそれがエラーに繋がってしまう。足腰を鍛え直した。その結果が、去った1月に行われた沖縄県高校野球部対抗競技会。塁間走が全体の2位になるなど他校を抑え見事総合成績1位を勝ち取った。努力が目に見えるほど、球児たちにとって心強いものはない。

 さらに昨年11月の一年生中央大会では、永遠のライバル沖縄尚学を下して優勝している。我喜屋監督としても手応えを感じたものだった。

 「その下積みが非常に成果として技術的な面にも出ている。バットの振り、打球の距離、守りでは肩の強さや送球の正確性。秋とは全く比べものにはならないものですね。
 興南は新チームからガンガンいくようなチーム作りをしていく、というよりも仕込んで仕込んで、強くなっていくチームなんです」

 島袋 洋奨(元福岡ソフトバンク)らを擁した2009年、2010年こそ選抜高等学校野球大会に連続出場しているが、それ以降は秋季九州地区高校野球大会でも上位に進出はしていない。しかし2015年。5年ぶりに夏の選手権沖縄大会を制すると、2017年、2018年と連覇。昨年も決勝へ進出しており、夏までの成長度はここ近年、興南が沖縄県では随一だ。しかし我喜屋監督は秋の戦績も求めていきたいと考えている。

 「やはりここ近年、センバツに出ていない。そこは反省しながら、新チームになっても強い興南というものを継続できるようにとは考えています。そうじゃないと王者とは言えない。」



野田愛眞(興南)

 11月の一年生中央大会で、沖縄尚学投手陣からホームランを放った阿嘉祐人や、4番に座り二塁打をマークした宮城琉人、そして被安打5、奪三振7で完封した山城 京平、宮城琉人と4番を争う野田愛眞、大阪府から来た小寺雄稀、台湾から来た邱ら成長著しい一年生に対し、上級生がどれだけ目の色を変えるかがキーポイントであり、我喜屋監督もポジションの入れ替えは厳しく行っている。

 その結果、選手たちは自覚が芽生えてきた。
 「最近は、目の色、動き、真剣さにキレが出てきています」

 目に見えて現れつつあるナインの違いに、指揮官の自信がうかがえた。

【次のページ】 コロナウィルスで対外試合が中止。県大会も延期。それでもできることはある。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
沖縄尚学vs沖縄水産【沖縄県 2020年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
具志川商vs興南【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年秋の大会 第70回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
美里工vs興南【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第17回 まだ議論が出尽くされていない。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【後編】【沖縄の高校野球】
第17回 甲子園開催の、大会開催の道を探そう。沖縄県高校野球の3人の甲子園出場監督と記者が意見交換座談会【前編】【沖縄の高校野球】
日本ウェルネスvs興南【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
興南 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム