第1015回 昨秋大阪3位はL字に並んで練習する?初芝立命館(大阪)の強さの秘密に迫る!【前編】2020年02月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【初芝立命館の練習の模様をギャラリーでみる】
[1]専用グランドを持たなくても強豪でいられるわけ
[2]初芝立命館で実施される9種類のティーバッティングを紹介!


 昨秋の大阪府大会。制したのは大阪桐蔭、準優勝だったのは履正社と高校野球界を牽引する大阪の2大勢力が飾った。両校とも今春の選抜に出場し、上位進出が予想される注目校であるが、その2校とともに近畿大会に出場したチームこそ、初芝立命館

 昨夏大阪大会ベスト8をはじめとして、何度も大阪大会4強~8強入りし、激戦区・大阪で存在感を放つ強豪校はなぜ勝ち続けられるのか。練習の様子はもちろん選手や監督、コーチの話から強さの秘密を解き明かしたい。

専用グランドを持たなくても強豪でいられるわけ



学校にある坂道を使ってランニングをする様子

 堺市に学校を構える初芝立命館は、中高一貫の学校のため多くの生徒が学校内を行き来する。もちろん、放課後になれば校庭でサッカー部や陸上部が練習をしている。限られた敷地で様々な部活動が汗を流している中で、ボールを使って練習をするのは危ない。

 夏4強、秋は3位に入る実力を持つ野球部であり、中日ドラゴンズの立石充男二軍総合コーチなど数多くの野球界で活躍するOBを輩出している背景を知ると、専用グラウンドがあるのではないかと思ってしまう。

 しかし、校庭の端の方に目を向けると、坊主頭の選手が一生懸命バットを振っている姿が見えてきた。これが初芝立命館の野球部の現状なのだ。

 「シーズン中は近くにある市営球場で週3日練習をしますが、校庭を使う時は他の部活動と共同になるので、校庭全体4分の1くらいの広さで練習をしています。ですので、いつもL字に並んでティーバッティングが多いです」

 こう語るのはチームの指揮を執る楠本雄亮監督。監督になって4年目になるが、初芝立命館に来たのは2015年で、それまでは愛媛県の帝京第五で監督してチームを牽引してきた。



ネットに向かってティーバッティングをする初芝立命館の選手たち

 そんな楠本監督は、「グラウンドは校庭の広さで十分確保できましたし、寮生活でした。それと比べると、『どうしようか』と思いましたね」と真逆の環境に驚きを隠せなかった。チームの主砲の坂元宏行も「この環境を見た時は『どんな練習をするのかな』と思いました」と限られた練習環境への第一印象を語る。

 しかし練習を見ていると、休む暇なくティーバッティングを続け、校庭から離れたところではランメニューにトレーニングと数多くのメニューが組まれている。チームをまとめる主将の毛利伽央主は「こんな環境ですが、グラウンドを持っている学校にも負けないトレーニングとスイングをしていると思います。ですので、運動量は変わらないと思います」と自負している。

 エースの森瑠惟斗も「専用グラウンドを持っていなくて狭いですが、いろんなメニューを考えてもらっているので身になっています」と口にするが、これは楠本監督の考えがあっての練習スタイルだ。
 「この環境なので割り切って『出来ることを目一杯やろう。1つのことを他所がやらないくらいとことんやろう』と思い、いろんなメニューを組んで数をこなすようにしています」

【次のページ】 初芝立命館で実施される9種類のティーバッティングを紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1015回 初芝立命館(大阪)が3位に入れたワケ。1つの事件と1人のコーチの存在がチームを強くした【後編】【野球部訪問】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
東海大仰星vs初芝立命館【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第712回 南大阪展望 実力校が散らばり、盛り上がるのは4回戦以降か【大会展望・総括コラム】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
第708回 池田陵真(忠岡ボーイズ)強打のキャッチャーとして高校野球でもフルスイングを貫く! 【2018年インタビュー】
関大北陽vs初芝立命館【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
関大北陽vs近大泉州【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
初芝立命館vs東大阪大柏原【大阪府 2018年春の大会 春季近畿地区高校野球大会大阪府予選】
第473回 大阪桐蔭 26年ぶりセンバツ連覇への「ラストストーン」【野球部訪問】
第34回 岸和田高等学校(大阪)【冬が僕らを強くする2018】
第466回 【春季大阪大会展望】選抜優勝の大阪桐蔭、準優勝の履正社もノーシードから!各ブロックの見どころを徹底解説!【大会展望・総括コラム】
初芝立命館 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム