第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)2020年01月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【城東の練習の模様をギャラリーで】
[1]平日3時間足らず、1/4グラウンドでもできる「野球研究」
[2]過去に「探究」加え、成果残した2019年秋/歴史を知り、積み上げ、新たな歴史を創る

 2019年、秋季徳島県大会で3位に入り、初出場となった秋季四国大会でも最速147キロ右腕・内田 悠太(2年)擁する大手前高松(香川)を破り1勝をあげた徳島県立城東高等学校。県内トップの公立進学校。加えて平日は20時完全下校にもかかわらず一昨年は練習試合とはいえセンバツベスト8の日本航空石川(石川)を阿南市での直前合宿練習試合で下し、昨年は夏の選手権徳島大会でも第4シードを獲得するなど近年の躍進はめざましいものがある。

 では、なぜ城東はこのような強さを発揮できているのか?今回はその原動力であり、選手18人・マネージャー2人の計20名が日々作り上げている「冬の野球自由研究」を追ってみた。

平日3時間足らず、1/4グラウンドでもできる「野球研究」



ラグビー部の横で3人1組でのキャッチボールをする城東の選手たち

 横を見れば先の全国高校ラグビー選手権で「笑わない男」プロップ稲垣 啓太(パナソニックワイルドナイツ)をOBに持つ新潟工を撃破したラグビー部がスクラムやラインアウトを組む。奥を見ればサッカーボール・ソフトボールにハンドボールが飛び交う。そして19時半を過ぎると「20時で完全下校です」と校内放送が……。これがこの数年で徳島県で常に上位争いを演じるようになった城東野球部の平日練習風景である。

 加えて平日の練習時間は長くて2時間半。グラウンドは1/4スペース。休日こそ学校から約3㎞北側になる吉野川大橋南岸のグラウンドを使用できるものの、ここにもナイター設備は皆無である。古くは作家の瀬戸内 寂聴さん、近年でも東京大工学部卒で全国各地で光のデジタルアートを展開しているチームラボ・猪子 寿之代表取締役らを輩出。毎年国公立大・有名私大にも100名以上を送り込んでいる県内トップ進学校の宿命とはいえ、いわゆる「強豪校」の環境は全く満たしていない。

 しかしながら、「この環境で勝つためにどうするのかをテーマにしている」と鎌田 啓幸監督が話すように、2年生選手5名・1年生選手13名・2年生マネージャー2名の計20名で構成されるチームに悲壮感は皆無である。

 取材日の練習1つ見ても、選手たちはアップから昨秋公式戦7試合28盗塁の原動力となった走塁の「6種類スタート」を確認。キャッチボールでは3人1組になり実戦を想定した送球を繰り返し、守備練習では二遊間が「試合をイメージして足で合わせる」(森本 夢叶<2年・二塁手>)捕球からトス・送球までの動作を確認すれば、外野陣は手投げフライを様々なスタートから捕球。

 一方、打撃練習ではミートを確かめるべく竹バットを使いティーバッティングに取り組めば、最速137キロ右腕・髙木 太陽(1年)をはじめとすつ投手陣は鳥かごを使ってのブルペン投球。それが終わると鳥かごすぐにマシンバッティングの場所と化す。このような練習が3班構成で次々と進んでいく。

 さらに練習の合間には選手間で練習ポイントを確認しあい、練習後には鎌田 真依・桑原 実夢の2年生マネージャーが作ったおにぎりを食す。指揮官いわく「ウチは野球研究部」と城東野球部を評する理由がこれだけでも理解できた。

 そういった彼らの「自由研究発表会」となったのが昨年秋の公式戦であった。

【次のページ】 過去に「探究」加え、成果残した2019年秋/歴史を知り、積み上げ、新たな歴史を創る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第998回 21世紀枠候補校9校で注目すべき逸材10名たち!【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1020回 会社・スタッフ・地域…… 「このチームで」日本一にるために  河野 竜生(JFE西日本) 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
井村 多朗(城東) 【選手名鑑】
髙木 太陽(城東) 【選手名鑑】
大手前高松 【高校別データ】
高知中央 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム