第1004回 多彩な野球を見せる西武台(埼玉)の源は「アクティブラーニング」にあり!【後編】2020年01月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【西武台の練習の模様をギャラリーで】
[1]コミュニケーション、そして頭の中の整理に効果を発揮したアクティブラーニング
[2]福喜多コーチと河野監督の教えを掛け合わせて、さらなる成長を

 昨秋の埼玉県大会を準優勝し、関東大会では神宮大会準優勝を果たした健大高崎と善戦。9回まで同点の熱戦を演じたのは西武台だ。

 県大会では豆田 泰志を擁する浦和実や、タレント揃う昌平を倒すなどの快進撃を見せて、今春以降も注目が集まる実力校だ。そんな西武台のチームの強さはどこにあるのか。後編では技術だけではない指導面にも迫りました。


(動画を見る)

前編はこちらから!
「打ち勝つ」チームへ一変させるべく、取り組んだ技術革新 西武台(埼玉)【前編】

コミュニケーション、そして頭の中の整理に効果を発揮したアクティブラーニング



秋は監督としてベンチに入った福喜多繁尊コーチ

 そして福喜多繁尊コーチはミーティングにも力を入れてきたことが、「打ち勝つ」チームを作るうえでは大きな効果を発揮した。
 「今までは選手たちが話を進めて、河野(創太)監督がメモを取っていました。けど、もう少し話を詰めることが出来ると感じていましたので、5、6人の小グループで話し合うアクティブラーニングを採用しました。そうすることで、選手たちの野球に対する理解度が高くなって、しっかりと野球に対して考えて取り組めるようになりました」

 すると、大会期間中でも選手たちの間で自然と指示を出し合えるようになり、福喜多コーチが指示を出す前に選手間でコミュニケーションを取れる仕組みが出来上がった。

 また、福喜多コーチは選手たちへ、「3球で攻撃が終わっても構わない」と伝えている。
 「甲子園に試合観戦に行ったとき感じましたが、強豪校は初球から振っていく姿勢があるんですよね。際どいボールを平然と見逃すところがウチの選手はありましたので、だったら打ち行けるようにして、それで凡退だったら怒らないようにしました」

 しかし、ただやみくもに打つわけではない。相手投手の投球練習で7球を投げる間、選手たち同士で狙い球を絞らせる。そういったしっかりとした準備させたうえで、選手たちに積極性を持たせて打たせること許している。

 「打ち勝つ」チームを作るために、とにかくスイングのスピードやフォームと言った技術面だけではなく、攻め方と言った戦略面もきっちり整備したことが西武台の野球を支えたのだろう。

【次のページ】 福喜多コーチと河野監督の教えを掛け合わせて、さらなる成長を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1009回 健大高崎と大接戦演じた西武台(埼玉)!攻守のカギを握るキーマンたちに迫る!【野球部訪問】
第1004回 強豪校続々撃破の関東大会ベスト8の西武台(埼玉)を一変させた打撃改革【前編】【野球部訪問】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs川口市立【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs昌平【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第24回 マネージャーも一緒にトレーニング!「常に笑顔」で選手をサポート!西武台高等学校【頑張る!マネージャー】
西武台 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム