目次

[1]名将・木内氏から学んだ選手との二人三脚
[2]勝ちにこだわり、2年ぶりの全国へ。そして全国制覇を!

 茨城県かすみがうら市に専用グラウンドを持ち、近くには寮や雨天練習場など充実の練習設備を持つ土浦日大

 1974年には春夏連続出場。1986年にも甲子園に出場したが、それからも県内では強豪校として君臨していたが、甲子園から遠ざかっていた。名門復活を託されたのが、下妻二で二度甲子園に出場を導いた小菅勲監督である。

 2016年4月から監督に就任した小菅監督は、2017、2018年には2年連続で甲子園に出場した実力校として茨城県内で存在感を示し、見事に復活を遂げた。そんな土浦日大の今を知るべく、監督や選手たちから話を聞くべく、グラウンドへ向かった。

 後編ではチーム強化のために小菅監督が取り組んできたこと。そして2年ぶりの甲子園を目指す課題について迫りました。

前編はこちらから!
31年ぶりの甲子園出場から2連覇した土浦日大(茨城)が最重要視するもの【前編】

名将・木内氏から学んだ選手との二人三脚


 小菅監督は取手二時代は選手として、常総学院に赴任してコーチとして監督だった木内氏の野球を学んだ。特に常総学院のコーチ時代は指導者として必要なものを吸収した。

 「指導者になってから恩師(木内氏)の下でできたのが大きかったですね。『こうやって試合をやって、こう勝つのか』と。
 選手へのオーラ、熱意といった理屈ではない部分に『この人についていこう。俺ら甲子園に行けるんじゃないか』と選手に思わせる。それくらい選手を引き込むことを学びました」

 そのためにも「選手と一緒になって二人三脚でやる。選手との信頼関係を築かないといけない」と選手ファースト、コミュニケーションを小菅監督は重要視している。

 実際に土浦日大には監督も交えた全体LINEが存在し、それを用いて連絡を取り合い、選手に情報を伝えている。時には小菅監督が選手のタメになると思った情報も流したりしながら、コミュニケーションをとっている。

 また自主性を重んじるのも、土浦日大の特徴の1つだ。
 「強制からは何も生まれないと思っています。実際に、強制されていいことがあったのか問いかけています。ただ選手には『強制はしない。その代わり、強くなるかもしれないし、弱くなるかもしれない。その上でどっちを選ぶ?』と聞いています。なので、信頼するしかないんですよね」

 逆に自身の経験を当てはめれば、選手との溝が作りかねないことを懸念する小菅監督。だからこそ、経験談を持ち出さず選手の自主性を信じている。「基本的には一歩引いて指導するのが我々のスタイルですが、制限は難しいですね」と苦労はしているものの、選手に考えてもらいながら練習をさせている。

 エースの中川 竜哉は「試合で打たれた原因に配球や腕の振り方など、課題を練習で考え直せる時間が作れる」と自主性を重んじるスタイルを有効に使っている。また、1年生の菅野樹紀も「やりたいことが出来るので、自主性は大事だと思います」と無駄なく練習ができているのが窺えた。