第999回 ブームが起きそうな大阪桐蔭の効率的ボール回し、体幹トレーニングを特別公開!2019年12月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【大阪桐蔭の練習の模様をギャラリーで】
[1]鉄壁誇る大阪桐蔭の守備の神髄は体幹にあった
[2]大阪桐蔭が実践するトレーニングの数々を紹介!


 2018年、史上初の二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。しかし2019年は春、夏ともに甲子園出場ができず、悔しい1年となった。3季連続甲子園出場なしは避けなければならないという思いからスタートした今年のチームは近畿大会決勝まで勝ち進み、2年ぶりの選抜出場が近づいている。

 今回は2020年、オリンピックイヤーでの飛躍が期待される大阪桐蔭特集を半年ぶりに再開します!3回目はトレーニング編です。

鉄壁誇る大阪桐蔭の守備の神髄は体幹にあった



ボール回し中の大阪桐蔭の選手たち

 大阪桐蔭の選手は一気に冬の間に伸びるが、それはトレーニング内容、練習内容から見ても感じ取れる。

 まず捕球練習。ここから見ても意識の高さを感じられる。キャッチボールは徐々に広げて遠投を行って、中間距離でクイックスローの練習。そこから送球練習に入る。

 短い距離でのキャッチボールは3種類行っていた。まず半身体型から股関節を動かすことを意識したキャッチボール。続いて、アンダースロー気味のスローイングで体幹部を意識し、さらに正座の体勢から投げるキャッチボール。ただ腕だけの意識では投げられない。体幹部分を意識してコントロールよく投げる意識が見られる。

 

 ここまでは下記動画の2分28秒~5分02秒あたりをみていただくと、イメージがつかめるはずだ。


 続いてボール回しに入るが、ただのボール回しだけではなく、ランダンプレーが織り交ぜたボール回しがある。ただのランニングスローではなく、たとえば、ホーム側がいる選手は一塁を向かう途中で、一塁から二塁へ向かう途中の選手へ投げる。

 二塁へ向かう選手は後方からボールを受け取るため、胸元に投げないといけない。多くの野球経験者にこの動画を見せたところ、非常に難しいと話をしていた。


 しかもこれは時計回りだけではなく、反時計回りを行う。当日の練習ではノーエラーを30本を行っていた。そして短い距離のボール回しを行う。半身の態勢から素早く投げる。

 これをノーエラー100本行う。大阪桐蔭の選手たちは、西谷監督のユーモアたっぷりのプレッシャーも跳ね除け、しっかりとやり切った。文字にすると簡単なように見えるが、繰り返すが、野球経験者からすると難しいという声が多く届いた。

 抜け目がない練習が、大阪桐蔭鉄壁の守備を築き上げているのだろう。

【次のページ】 大阪桐蔭が実践するトレーニングの数々を紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム