第999回 小さな学校大きな夢! 21世紀枠九州地区代表・本部高校(沖縄)2019年12月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球が盛んな町/地元から甲子園へ
[2]先輩たちが繋いできた努力が身を結ぶ

野球が盛んな町



本部の練習中の様子

 日本一の水族館と言われる国営記念公園美ら海水族館近くの、小高い丘にそびえる県立本部高校。町の人口は少ないが、野球熱は県内のどこにも負けないほど高い。

 学童軟式野球の頂点を極める県大会で、本部代表チームは過去4度沖縄一に輝いており、近年でも2018年に上本部ドジャースが準優勝。中学では2002年に、全日本少年軟式野球大会で県勢初優勝した上本部中学の活躍が光る。

 日本本土復帰前の昭和41年に創設された本部高校は翌年、野球部創部。その4年後には、早くも一年生中央大会で準優勝している。学童野球の歴代監督さんをはじめその子供たち、多くの人が野球に夢中になり続ける町、それが本部町だ。

地元から甲子園へ



ティーバッティング中

 現主戦メンバーが一年生のときの大会。豊見城那覇を撃破してベスト4入りした本部は、年が明けた新人大会では糸満興南の強豪校を倒してベスト4入り。

 直後の秋の大会でも実力を発揮。美来工科戦では、21安打を集めて12得点。次の普天間戦では一転して投手戦となったが、幸地と川田の完封リレーで勝ち進んだ。準々決勝の沖縄尚学は、一年生大会の優勝メンバー。燃える本部は3回、茂刈のタイムリーで先制したが中盤に逆転される。追い付くことは叶わなかったが、8回に川田のタイムリーと田港のスクイズで2点差に詰め寄る粘りを見せた。

 現二年生たちは、中学で県大会ベスト4入りした力がある子もいる。エース川田も他の地域から勧誘があった。それでも、彼らが本部高校に進むことを決心した一つが、二年前の夏だったと宮城岳幸監督は語る。

▽第99全国高等学校野球選手権沖縄大会 本部ー中部商
(試合レポートはこちら)

「2年前の夏の選手権。結果二回戦で負けてしまうのですが、一回戦で中部商と当たった。あの試合を、当時中学生の彼らが観ていた。」

 二年生ながら、既に剛腕と呼ばれていた中部商中濱 太洋を6回途中でKOし攻略した本部。終盤追い上げを見せられたが逃げ切り見事勝利。そのゲームに何かを感じた中学生たちが、地元に残って甲子園を目指すことを決めたという。

 それは決して夢見物語ではなく、21世紀枠の九州地区代表にまで上り詰めた。あとは来年1月24日の運命を待つのみだ。

【次のページ】 先輩たちが繋いできた努力が身を結ぶ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
宜野座vs本部【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第27回 チーム内での競争激化が、来る春そして夏への二連覇をもらたす 沖縄尚学(沖縄)【冬が僕らを強くする2020】
第1015回 意外と見落とされがちな投手のフィールディング。プロ志望投手必見の興南の超効率的な守備練習!【後編】【野球部訪問】
第1015回 2年ぶりの甲子園へ 興南(沖縄)の課題とキーマンは??【前編】【野球部訪問】
第1005回 八重山農は春も快進撃なるか、また沖縄水産と興南が同ブロックへ【春季沖縄県大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
嘉手納vs八重山【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
八重山農林vs前原【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
本部vs美来工科【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
糸満 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
那覇工・陽明 【高校別データ】
普天間 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
本部 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム