第995回 超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol22019年12月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【大阪桐蔭の練習の模様をギャラリーで】
[1]多くの選手を伸ばすプロ野球方式の運営
[2]育成試合の目的は課題を見つけること


 2018年、史上初の二度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭。しかし2019年は春、夏ともに甲子園出場ができず、悔しい1年となった。3季連続甲子園出場なしは避けなければならないという思いからスタートした今年のチームは近畿大会決勝まで勝ち進み、2年ぶりの選抜出場が近づいている。

 今回は2020年、オリンピックイヤーでの飛躍が期待される大阪桐蔭特集を半年ぶりに再開します!2回目は大阪桐蔭の選手育成に迫ります。

多くの選手を伸ばすプロ野球方式の運営



室内練習場ではティーバッティングが行われていた

 大阪桐蔭の選手育成で見逃せないのが、多くの選手を育て、卒業先で活躍していることだ。それまで高校時代にあまり試合に出ていなかった選手が大学で活躍することが多い。

 近年の例でいえば、この秋、5本塁打を放ちリーグ優勝に貢献。さらに大学日本代表候補合宿に参加した大石 航輝(天理大・3年)、二刀流で活躍する越智 泰弘(駒澤大・3年)は最後の夏はスタメンに出場していない。

 今年、リーグ戦でノーヒットノーランを達成した宮本佳汰(東京国際大・4年)や、道端晃大(同志社大・1年)ではベンチ入りしていなかった。また今の3年生たちも多くの選手が次のステージで硬式野球継続が決まっている。

 大阪桐蔭はどの選手でも伸びる土壌がある。それは11月~12月にかけて行われる育成試合と個人の強化練習期間がカギを握っていた。

 11月4日の近畿大会決勝戦後、大阪桐蔭は育成試合と銘打ち、近隣の学校を試合を組んだ。大阪桐蔭のグラウンドと近いのは数百メートル先にある大阪産大附、生駒市にあり車で10分ほどの近隣の近大附、大東市の太成学院大高。西谷浩一監督の母校である報徳学園など平日ながらも練習試合を行い、11月5日以降は紅白戦や練習試合を含め、計26日間で24試合を行った。

 この期間に試合に出た選手は、ベンチ入りしていない選手やベンチ入りしているけれど、あまりに試合に出ていない選手が対象だ。
 「まず秋の大会では、チームとして勝利を目指しますので、どうしてもレギュラー中心の練習になります。
 打撃練習で打撃投手になってくれる選手たちが縁の下の力持ちとなってくれたおかげもあり、勝てていると思います。そういう選手たちのために絶対にチャンスを与えると約束しており、この方針を行っています」



バッティング練習に打ち込む大阪桐蔭選手

 大会が終われば、文字通り白紙。全員にチャンスを与える。
 「甲子園で勝つためには部員全員が頑張ってもらわないといけないので、全員にチャンスを与えて、もう1回競争させます。
 打者は50~60打席は立ったと思います。 投手も多くの投手が経験できるように1人につき3イニング~4イニングを投げさせています」

 より多くの選手にチャンスを与えるために、1グループ15人の2グループに分かれて、太成学院大高近大附と試合を行い、秋の主力選手はグラウンド残留組となり、練習の手伝いと自主練習に訪れた3年生に投げてもらって打撃練習を行い、けが人以外はフル回転をさせる効率的に実戦経験と練習を両立させ、まるでプロ野球のような運営方式である。

 西谷監督も「11月はプロ野球でいうとフェニックスリーグみたいな感じですね。私たちスタッフは冗談で、『生駒フェニックスリーグや』というのですが、ここで結果を残した選手はメンバー選考にかかわるレギュラー組との紅白戦に出られるチャンスが生まれます」

 11月は晴天も多く、前述のように24試合もできたため、「実戦を経験して、競わせながら、レベルアップするのは1つの向上法だと思います。結果、多くの選手が伸びてきましたし、だいぶ力を測ることができたと思います」と手ごたえを感じている。

【次のページ】 育成試合の目的は課題を見つけること

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム