第995回 2年ぶりに聖地への鍵はキャップ?土浦日大が夏に勝つために必要な破壊力2019年12月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]横の対応力向上を狙ったキャップ打ち
[2]勝負強さを身につけて夏は打って勝ち上がれるように

横の対応力向上を狙ったキャップ打ち



地面にはキャップが転がっている中で練習を続ける

 土浦日大のグラウンドを見ると、驚くものがバックネット付近に散らばっていた。それはペットボトルのキャップだ。
 2人1組になって、1人がペットボトルキャップ投げの要領でキャップをはじき出し、もう1人が打つ。

 取材をしてきて様々な練習を見てきたが、初めて見る練習に驚きを隠せなかった。しかしどうしてこういった練習を取り組んでいるのか。小菅勲監督に聞いてみた。
 「この練習は2年くらいやっています。京都大学のサークルがやっているのをYouTubeで見まして。これがすべてではないですが、動体視力を鍛えるために、取り入れています」

 バトミントンのシャトルを投げてもらい、それを打つ練習はよくあるメニューだ。しかし、「シャトルは上から下にしか動かない。けど、キャンプであれば横にも動くので、それで動体視力を鍛えつつ、対応力も磨いています」

 また、「ティーバッティングであれば、一定にタイミングで同じようなボールしか来ない。なので、あまり考えなくなる」ということも懸念している小菅監督。これらを考えたうえで目のトレーニング、そして対応力を鍛え上げる狙いを持って、キャップを打っているのだ。

【次のページ】 勝負強さを身につけて夏は打って勝ち上がれるように

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1004回 名将・木内監督から影響を受けた選手との二人三脚の重要性。2年ぶり甲子園を狙う土浦日大の課題は?【後編】【野球部訪問】
第1003回 31年ぶりの甲子園出場から2連覇した土浦日大(茨城)が最重要視するもの【前編】【野球部訪問】
藤代vs鹿島学園【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
水戸商vs常総学院【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
常総学院vs土浦日大【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
第886回 36校の精鋭が頂点を目指す!接戦続出が予想される春季茨城県大会の見どころ!【前編】【大会展望・総括コラム】
第880回 茨城の春が開幕!県大会へ進むのは?4地区の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第565回 忍耐、粘り、対応の3本の矢で茨城の夏を制する!藤代(茨城県)【後編】【野球部訪問】
土浦日大vs鹿島学園【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
興南vs土浦日大【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
土浦日大 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム