第991回 人数少ない3年生が奮起した夏の戦い 福知山成美女子硬式野球部【前編】2019年12月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]12人で下の学年をまとめる難しさ
[2]悔いなく戦えたと夏を振り返る

 2009年創部と近畿地区の女子野球部としては最も古い歴史を持つ福知山成美。今年の全国高等学校女子硬式野球選手権大会ではベスト4という成績を残している。今回は1年間の振り返りと3月に迫った全国高等学校女子硬式野球選抜大会初優勝に向けての取り組みに迫った。

12人で下の学年をまとめる難しさ



アップをする福知山成美ナイン

 チームを率いるのは長野恵利子監督。中学から社会人まではソフトボール選手として活躍し、26歳の時に野球に転向。2008年には第3回女子野球ワールドカップで主将として、日本代表の初優勝に貢献した。引退した翌年から福知山成美で女子野球部の立ち上げに尽力。2014年には選手権で初優勝に導いており、選手、指導者の両面で女子野球の発展に多大なる功績を残してきた人物だ。

 3年生の代は先日、女子プロ野球を引退した奥村奈未の妹である奥村咲花(3年)が務めていた。春の選抜では初戦の横浜隼人で3対5の逆転負け。長野監督は地に足がついていないことが春の時点での課題だったと振り返る。

 「3年生は元気のある学年で乗ったらいけるけど、スキを突かれると慌ててしまうチームでした。逆転されると、気持ちが引いてしまって、自分に打ち克てないチームでした」

 春の段階では自分たちのペースに持ち込まないと、力を発揮できない面があった。また、1、2年生がそれぞれ20人以上いるのに対して、3年生は12人。比較的人数の少ない学年で、苦労したこともあったそうだ。

 「12人で下の学年をまとめる難しさを、負けたことによってたくさん気づかされたことがありました。悔しい思いをして、自分たちが何かを変えないといけないということで、3年生が何回も自分たちでミーティングを重ねていましたね」

【次のページ】 悔いなく戦えたと夏を振り返る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第995回 岐路に立たされている女子野球、新しい道を開くカギとは?神村学園女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第648回 新チームでは打撃型のチームに変貌遂げる 福知山成美女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第994回 揺らがぬ「日本一」の志 自ら考え、行動する人間になれ! 神村学園女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
立命館宇治vs福知山成美【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
福知山成美vs乙訓【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
立命館宇治vs久御山【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
京都外大西vs立命館【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
福知山成美vs京都翔英【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
福知山成美 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム