目次

[1]受け継いできたミーティング、そして粘りと繋ぎがチームの核
[2]鞍手が野球で筑豊を熱くする

全国でも屈指の激戦区の1つである福岡県。そんな福岡県内で文武両道を貫き、甲子園を目指す公立校・鞍手。前編では鞍手を取り巻く環境から迫っていったが、後編ではチームの強さの秘密に迫った。

前編はこちら!
鞍手(福岡) 県内屈指の進学校を取り囲む壁、そしてカギを握る高い理解力【前編】

受け継いできたミーティング、そして粘りと繋ぎがチームの核


 選手たちが自発的に行うミーティングでチーム全体の意思を統一することで、短い練習時間でも効率を上げることができる。これが鞍手の1つの練習スタイルでもある。

 短い時間をフルで活用するために甲斐監督が練習で大事にしているのは、実践練習に重きを置くことだ。 「反復練習をしている時間があまりなので、限られた時間の中で無駄のない練習をしないといけないので」

 そういう甲斐監督は、取材日にゲームノックを実施。18人という少ない人数ではあるが、かなりのハイペースでノックを打っていく。これも練習時間の短さが関係しているかと思ったが、それは違っていた。

「ミスをしてしまう時や、上手くいかない時はテンポが悪いんです。かといってテンポを速くしすぎても空回りをしてしまうので、プラス思考で考えられるような『自分たちにとってのいいリズム』を理解することが大事です。そのために実践の中で経験を増やして、理解させたいんです」

 鞍手らしい試合運び、戦い方を見つけるために、実践練習をこなしていく。こうやって少しずつチームを強化しているが、吉野輝彩副主将はこの練習について、
「ゆっくりやっていても私立みたいに練習時間が沢山あるわけではない。勉強もやらないといけないので、自分たちのにとってのいいリズムを大事にして練習しています」と語る。

 しかし、ミーティングやリズムだけでは、強豪私立には勝てない。鞍手が大事にしている最後の1つが粘りと繋ぎだ。甲斐監督は、

 「先輩たちが後輩たちにしっかりと繋いでくれているんですが、公立校は1人の力では勝てない。前のチームでも『とにかく粘りなさい、繋ぎなさい』と言ってきました。
この秋も真颯館と対戦し、初回に得点しましたが、すぐに取られて。それでも粘って追いついて延長に入って、最後は相手のエラーから畳みかけて点数を奪って逃げ切れました」

 こうした粘りと繋ぎの野球がしっかりできれば、18人でも戦える。真面目な選手が多い伝統校・鞍手らしいスタイルだが、その陰には効率化を求めたミーティング同様、伝統の2文字が関係しているのだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。