第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】2019年11月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大会ナンバーワン投手に屈した選抜
[2]選手自ら考えさせる指導


 夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社関本 勇輔(2年)が主将となりスタートした新チームでも順調に勝ち進み、来春のセンバツ出場をほぼ確実にした。昨夏の大阪桐蔭戦や今春の星稜戦からどのように成長して、全国制覇を掴んだのか、そして新チームの現状について迫る。

大会ナンバーワン投手に屈した選抜



履正社・岡田龍生監督

 昨夏の大阪大会準決勝では1点リードの9回表、二死走者なしから逆転負けを喫している。この試合でスタメン出場していた野口 海音(3年)が主将、井上 広大(3年)と桃谷 惟吹(3年)が副主将となり、全国制覇を目指して新チームが始動した。

 前チームからの経験者が数人残っていた履正社に対して、ライバルの大阪桐蔭は3年生主体のチームで春夏連覇を成し遂げていた。そのこともあり、この代は履正社優勢という前評判が立っていたが、岡田龍生監督は「全然、見通しは立っていなかったです。打つ力もそこまでの評価はしていなかったですね」と新チーム結成当時を振り返る。

 夏の甲子園では強打が光ったが、秋は打撃面で苦労した。それでも清水 大成(3年)や植木 佑斗(3年)といった投手陣の奮闘があり、秋の大阪大会を制した。

 近畿大会では準々決勝の福知山成美戦で清水が3安打無四球完封。「3年間で一番のベストピッチングだった」と岡田監督も絶賛する投球でセンバツ出場を大きく手繰り寄せた。

 選手たちにとっては初の甲子園となった今年のセンバツ。1回戦では奥川 恭伸(3年)を擁する星稜と対戦したが、0対3の完封負け。大会ナンバーワン投手を相手に「手も足も出ずでした」(岡田監督)というほどの惨敗だった。

 優勝を目指していただけに大会初日で姿を消すことに対する悔しさは強かった。その一方で春に奥川と対戦できたのが、後にプラスになったことは間違いない。

【次のページ】 選手自ら考えさせる指導

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1022回 タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】【野球部訪問】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム