第645回 脱玉村と部員確保 夏準優勝・丹生(福井)におかれた課題 【後編】2019年10月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自信を持てずに敗れた秋
[2]全員が戦力として活躍できるように

 今夏の福井大会で広島からドラフト6位指名された玉村 昇悟を擁して創部初の準優勝という快挙を成し遂げた丹生。公立校が次々と強豪校を倒していく姿は多くの人にインパクトを与えた。

 秋は初戦で敗れたが、力のある選手は残っており、上位進出のチャンスは十分にある。福井の高校野球を盛り上げた丹生のこの1年間の軌跡と同校の取り組みについて迫った。

 後編では圧倒的な存在だった玉村昇悟が抜けたあと、新チームにおかれた課題に迫る。

自信を持てずに敗れた秋



丹生・春木竜一監督

 自信を持って秋の福井大会に挑んだが、公立の雄である坂井に1対8でコールド負け。指揮官にとっては予想外の大敗で丹生の秋は早くも幕を閉じた。

「普通にやればベスト4はいけるかな」と思っていた春木監督にとっては悔やまれる結果となった。その原因の一つに選手の自信のなさがあったのではないかと春木監督は分析する。

「玉村神話じゃないけど、玉村くらいのピッチャーじゃないと勝てないとか勝負にならないという幻覚を持っているのではないかと思っているんです。こっちは客観的に勝てると思うんですけど。自分たちの力を発揮することができていないので、残念ではあります」

 夏に神がかり的な躍進を見せた背景には玉村の存在があったのは間違いない。それ故に玉村クラスの投手がいないと、勝ち進めないと思ってしまったのだ。春以降に結果を出すために最も必要なのは自信なのかもしれない。春木監督はエースの伊藤には大きく期待を寄せている。

「夏の大会中も彼を使わないといけない時が来ると思っていたけど、本人は消極的だったところがありました。玉村を見に来たスカウトの方たちも伊藤を見て。『良いじゃないか」、『その先、上に行って面白いですよ』と言ってくれています。彼もそういう評価を自分で聞くので、自信をつけてくれたら良いなと思います。伊藤だけを見ると凄いけど、玉村が隣で投げると、『やっぱり玉村は凄い』となる。玉村を見すぎて自信がつかないというのはありますね」

 今後は戦力的な面よりも精神的な面で「脱玉村」をできるかどうかが大きなポイントとなりそうだ。

【次のページ】 全員が戦力として活躍できるように

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第645回 強豪校をはねのけ創部初の準優勝・丹生(福井) 快進撃の種火【前編】【野球部訪問】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第632回 福井県勢初の夏の甲子園優勝へ、技術と気持ちの強化を図る敦賀気比【後編】【野球部訪問】
第619回 全国で戦える力がある、経験値の高い選手と共にチームが成長を遂げてきた敦賀気比【前編】【野球部訪問】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1054回 無名の高校だからこそじっくり成長できた 玉村昇悟(丹生)【前編】 【2019年インタビュー】
第1052回 奥川恭伸に刺激を受けた木下元秀(敦賀気比) 高校野球で残した後悔をプロの世界で晴らす! 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
富山第一vs福井工大福井【2019年春の大会 第140回北信越地区高等学校野球大会】
日大三vs敦賀気比【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
玉村 昇悟(丹生) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】
丹生 【高校別データ】
福井工大福井 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム