第618回 選手第一主義・変化をするために自分で考えさせる!鹿児島高校(鹿児島)【後編】2019年10月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【鹿児島の野球部訪問をギャラリーでチェック!】
[1]変化をするために自分で考えさせる
[2]選手第一主義

 2017年に決勝、2018年には準々決勝進出を決めた鹿児島。新チームは「選抜出場」をいう目標を掲げてスタート。この目標の意図や成功体験に縛られない重要性を前編では考えた。後編では鹿児島の上之薗 大悟監督の選手育成論を中心に話を広げていく。

前編はこちらから
敢えて高い目標から始まった新チーム・鹿児島高校(鹿児島)【前編】

変化をするために自分で考えさせる



練習を見守る上之薗 大悟監督(鹿児島)

 「なるべく自分の方から言わないようにしてます。でもグランドに出たらやかましいですし、細かいことを言うんですが、言われたことプラスアルファを生徒がわかってくれるようになるとチームは強くなってくると思います。言われたことをそれしかしないようだと、社会に出て色々な工夫ができないといけないという話もしています。自分で考えて成長できるようになってくれることを考えて指導しています」

 上之薗 大悟監督の言葉である。もちろん野球がうまくなるためというのもある。夏を勝ち抜けるチームになるには自分で考え動けることが大前提になってくる。そのためには、日々の練習で言われたことを理解して、それ以上のことを自分で考え動けることが大事になる。

 このことは野球以外にも選手にとっては財産になる。つまり、上之薗監督が意識しているのは選手たちが卒業して社会に出たあとの目に見えないスキルなのだ。この選手の将来と言うキーワードは、上之薗監督と話した、食トレの話でもよく分かる。

「食べる量にしても管理はしていないですけど、体重は測っているので増えてるのや増えてないの、差は歴然としてきますね。ただ、たくさん食べさせて、野球が終わったあと、リバウンドして本当に彼らに良いことなのかなども考えていますね」

 つまり、管理していない分、自身で考えさせているのである。それは自分で考えて行動することを促している。そして、同時に卒業後の選手のことも頭に入れているのである。

 だからこそ、野球ではもちろんのこと、人生の糧になる、「自分で考える」を上之薗監督は選手に求めているのである。

【次のページ】 選手第一主義

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第114回 万里一空~すべての高校球児に贈るメッセージ【高校野球コラム】
東京大vs鹿児島大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
慶応大vs第一工業大、鹿児島国際大【2020年 大学野球練習試合(交流試合)・春】
第22回 徳之島(鹿児島県)「闘牛打線」の本領発揮へ【冬が僕らを強くする2020】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
川内vs鹿児島情報【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
第617回 敢えて高い目標から始まった新チーム・鹿児島高校(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第4回 神村学園高等部(鹿児島)【2年ぶり5回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第730回 スピードよりも、制球とキレ 「甲子園に行くことしか考えていない」松本晴(樟南) 【2018年インタビュー】
奥 翔太(鹿児島) 【選手名鑑】
鶴田 康太(鹿児島) 【選手名鑑】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム