目次

[1]一番良いゲームだった沖縄尚学戦
[2]ギリギリの差。センバツへの切符がスルリと抜け落ちた筑陽学園戦/ キツイ冬トレと思い出に残る練習

  興南高校に入って間もない一年生の夏。宮城 大弥が決勝で美来工科高校を抑えて優勝。それから一年後の夏も連覇し、6名ほどが甲子園メンバーとなった。三連覇を狙った最後の夏は、残念ながら沖縄尚学高校の前に敗れてしまったが、興南高校野球部として彩りを見せてきた彼らの足跡は、これから先も決して色褪せるものではない。

U-18選出の宮城 大弥とともに、高校野球に情熱を傾けてきた4人の三年生に話を伺い、彼らの思い出話しを聞いてきた。

<メンバー>
金城 英佑(一塁手)
主将としてチームをまとめた。秋の県大会、三塁打1本、二塁打2本で打率4割ちょうど。決勝では先制タイムリー。秋の九州大会、熊本国府戦で6回にレフト線への二塁打を放った。

遠矢 大雅(捕手)
宮城 大弥をはじめ、又吉航遥、西江 悠の投手陣を支えてきた。秋の県では全6試合でヒットをマーク。打率5割に加え、三塁打2本、二塁打1本と長打力も披露した。

勝連 大稀(遊撃手)
主に3番でクリーンアップを務めてきた好打者。秋の県大会では6試合中5試合でヒットをマークし三塁打2本。九州大会の熊本国府戦では、第1打席で二塁打を放った。

新垣 和哉(外野手)
秋の県大会で4番ライトとして19打数8安打、打率.421。九州大会でも5番を務めた。熊本国府戦では5回、一死満塁でキッチリと犠牲フライで打点を挙げた

一番良いゲームだった沖縄尚学戦


- 今日はお集まり頂きありがとうございます。まず、最後の夏を終えて今の感想を聞いてみたいと思います。

試合レポートはこちら!
沖縄尚学vs興南

勝連 「決勝で死球(7回)をもらって。その後交代で、最後まで立てなかったことで悔しさはあります。しかし、みんなとここまでキツイ練習をやってきたことは間違いないわけで。ここで、これで終わりじゃない。先に繋がっていく。何よりこのメンバーとやれて楽しかった。」

金城 「決勝のあと、知人がDVDに焼いて渡してくれてそれを見た。これで終わったのかと涙を流している場面を見て、もう少し自分に力があったらなと振り返る思いがありました。キャプテンとしてやってきたけど結果、選抜大会も選手権大会もあと一つというところで行けなかった。もう少し自分に力があれば、まとまりも早くチーム力ももう一段上がっていたのかなと。
個人的にはキャプテンを続けてきたことが、これからの人生の糧になると思うし、興南で学んで培ってきたものを役立てていきたいです。」

遠矢 「興南ってどこかで危ない試合、接戦になる試合が常にあったなぁって。一つ上の代から試合に出させてもらっているけど、その夏は那覇高校との試合(4-3で勝利)、そして今年が宜野湾高校戦。
自分たち(遠矢、勝連、新垣は宜野湾市出身)地元を出て興南に来て。ましてや大弥が投げている中で6回も点を取られて(この時点で0-2)。ヒットも2本しか出てなかったし正直内心ヤバイと思っていた。でも、俺たちの方が絶対苦しい練習を積んできたはずだと!その思いがあの逆転に繋がった。
決勝では負けたけど、勝連が言ったようにやり切った感はあって。でもどこかで、英佑が言ったようにもっとまとまることが出来たんじゃないかなぁと思います。
あとは甲子園。テレビで沖縄尚学高校の奮闘を見ていて。自分たちがあそこにいたらなと。」

金城 「練習試合で勝った仙台育英高校が甲子園ベスト8。あそこにいたらな。」

遠矢 「そこも含めて、運も無かったのかなと。それでも自分としては、決勝は良い負け方だったなと思う。」

新垣 「自分もDVDを見たけど、沖縄尚学ナインよりも興南がヘトヘトで。一番辛そうだったのが大弥。追い付いて、最後に負けた。でも3人が言ったように、楽しかった。今夏の甲子園を見ていて、良いゲームはたくさんあったけど、自分たちの決勝が一番良い試合だった。悔いはありません。」

- 悔いの無い試合というのは、やりきった証拠。相手があっての野球だから勝ち負けはある。結果だけでしか見れないならこんなに辛いことは無いけど野球は、君たち高校球児はそうじゃない。自信を持って、次のステージに向かってほしいと願います。