第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会2019年09月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【興南高校三年生座談会の様子をギャラリーでチェック!】
[1]一番良いゲームだった沖縄尚学戦
[2]ギリギリの差。センバツへの切符がスルリと抜け落ちた筑陽学園戦/ キツイ冬トレと思い出に残る練習

  興南高校に入って間もない一年生の夏。宮城 大弥が決勝で美来工科高校を抑えて優勝。それから一年後の夏も連覇し、6名ほどが甲子園メンバーとなった。三連覇を狙った最後の夏は、残念ながら沖縄尚学高校の前に敗れてしまったが、興南高校野球部として彩りを見せてきた彼らの足跡は、これから先も決して色褪せるものではない。

U-18選出の宮城 大弥とともに、高校野球に情熱を傾けてきた4人の三年生に話を伺い、彼らの思い出話しを聞いてきた。

<メンバー>
金城 英佑(一塁手)
主将としてチームをまとめた。秋の県大会、三塁打1本、二塁打2本で打率4割ちょうど。決勝では先制タイムリー。秋の九州大会、熊本国府戦で6回にレフト線への二塁打を放った。

遠矢 大雅(捕手)
宮城 大弥をはじめ、又吉航遥、西江 悠の投手陣を支えてきた。秋の県では全6試合でヒットをマーク。打率5割に加え、三塁打2本、二塁打1本と長打力も披露した。

勝連 大稀(遊撃手)
主に3番でクリーンアップを務めてきた好打者。秋の県大会では6試合中5試合でヒットをマークし三塁打2本。九州大会の熊本国府戦では、第1打席で二塁打を放った。

新垣 和哉(外野手)
秋の県大会で4番ライトとして19打数8安打、打率.421。九州大会でも5番を務めた。熊本国府戦では5回、一死満塁でキッチリと犠牲フライで打点を挙げた

一番良いゲームだった沖縄尚学戦



主将としてチームをまとめた金城英佑

- 今日はお集まり頂きありがとうございます。まず、最後の夏を終えて今の感想を聞いてみたいと思います。

試合レポートはこちら!
沖縄尚学vs興南

勝連 「決勝で死球(7回)をもらって。その後交代で、最後まで立てなかったことで悔しさはあります。しかし、みんなとここまでキツイ練習をやってきたことは間違いないわけで。ここで、これで終わりじゃない。先に繋がっていく。何よりこのメンバーとやれて楽しかった。」

金城 「決勝のあと、知人がDVDに焼いて渡してくれてそれを見た。これで終わったのかと涙を流している場面を見て、もう少し自分に力があったらなと振り返る思いがありました。キャプテンとしてやってきたけど結果、選抜大会も選手権大会もあと一つというところで行けなかった。もう少し自分に力があれば、まとまりも早くチーム力ももう一段上がっていたのかなと。
個人的にはキャプテンを続けてきたことが、これからの人生の糧になると思うし、興南で学んで培ってきたものを役立てていきたいです。」

遠矢 「興南ってどこかで危ない試合、接戦になる試合が常にあったなぁって。一つ上の代から試合に出させてもらっているけど、その夏は那覇高校との試合(4-3で勝利)、そして今年が宜野湾高校戦。
自分たち(遠矢、勝連、新垣は宜野湾市出身)地元を出て興南に来て。ましてや大弥が投げている中で6回も点を取られて(この時点で0-2)。ヒットも2本しか出てなかったし正直内心ヤバイと思っていた。でも、俺たちの方が絶対苦しい練習を積んできたはずだと!その思いがあの逆転に繋がった。
決勝では負けたけど、勝連が言ったようにやり切った感はあって。でもどこかで、英佑が言ったようにもっとまとまることが出来たんじゃないかなぁと思います。
あとは甲子園。テレビで沖縄尚学高校の奮闘を見ていて。自分たちがあそこにいたらなと。」

金城 「練習試合で勝った仙台育英高校が甲子園ベスト8。あそこにいたらな。」

遠矢 「そこも含めて、運も無かったのかなと。それでも自分としては、決勝は良い負け方だったなと思う。」

新垣 「自分もDVDを見たけど、沖縄尚学ナインよりも興南がヘトヘトで。一番辛そうだったのが大弥。追い付いて、最後に負けた。でも3人が言ったように、楽しかった。今夏の甲子園を見ていて、良いゲームはたくさんあったけど、自分たちの決勝が一番良い試合だった。悔いはありません。」

- 悔いの無い試合というのは、やりきった証拠。相手があっての野球だから勝ち負けはある。結果だけでしか見れないならこんなに辛いことは無いけど野球は、君たち高校球児はそうじゃない。自信を持って、次のステージに向かってほしいと願います。

【次のページ】 ギリギリの差。センバツへの切符がスルリと抜け落ちた筑陽学園戦

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 野球後進県だった沖縄はいかにして強豪県に成長したのか?【沖縄の高校野球】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
知念vs沖縄工【沖縄県 2019年 第44回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
仙台育英vs鶴岡東【2019年秋の大会 第72回 秋季東北地区高等学校野球大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
関東一vs仙台育英【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
仙台育英vs智辯和歌山【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
新垣 和哉(興南) 【選手名鑑】
勝連 大稀(興南) 【選手名鑑】
金城 英佑(興南) 【選手名鑑】
遠矢 大雅(興南) 【選手名鑑】
新垣 和哉(嘉手納) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
嘉手納 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
知念 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
日章学園 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
与勝 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム