目次

[1]心は熱く、頭は冷静に昌平野球
[2]例年とは違ったオフの過ごし方

 埼玉県北葛飾郡杉戸町に所在し、サッカー部が全国的な強豪として有名な昌平

 昨年の夏、第100回北埼玉県大会で春日部共栄を破ってから勢いに乗り、史上最高のベスト4入りを果たした。この春も県大会ベスト8入りし、絶対的な優勝候補がいない今年の埼玉県では優勝を狙える位置にある。
 そのチームを率いる黒坂洋介監督はいかにして、優勝候補と呼ばれるチームに育て上げたのか。その中身に徹底的に迫る。

心は熱く、頭は冷静に昌平野球


 黒坂監督のチーム作りの基礎は「豊富な知識と技術」。
この二つが基礎となり選手たちに教えを説いていく。その中でも、知識には力を入れており、その重要性をこう語る。

 「ピンチの場面で気持ちで負けるなという声がよく飛び交いますが、気持ちも大切。でもそれはナンセンスで、『豊富な知識がピンチを救う』これが一番だと現役時代から思っていました。知識がないやつに配球やポジショニングを考えて野球は出来ません」。

 この原点は、シダックス時代の野村克也監督の教えからきている。

 それに加えて、技術も教えていかなければならない。
「なんでそんなことも出来ないだ」と指導者や仲間が言うのは時代遅れ。出来ない選手を出来るようにさせてやるのが、指導者の役割。それは昌平の監督に復帰する前、少年野球のコーチをしていたことが今に生きていると実感している。

 現在は、選手たちの知識と技術の引き出しを増やさせるように指導することを心がけている。旧チームではとにかく時間が無かったので、一方的に提示するだけで選手の意見を吸収することが出来なかった。しかし、今年のチームは主将の佐藤克樹を中心に座学を増やし、選手の意見も吸収しながらチーム作りを行ってきたと話す。

 旧チームからエースを担ってきた米山 魁乙や4番を務めた渡邉 翔大など、多くの主力が残った新チーム。そして迎えた東部地区大会の代表決定戦では、花咲徳栄に1対8と完敗。安定して上位へ進む花咲徳栄との差を痛感した。

 「上で結果を残すチームとは、力の差があると選手は痛感したと思う。一球に対する声や集中力がウチにはなかったですね。特にミスショットはほとんどなく、痛打されたことで現状の力の無さを知る機会になりました」。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。