第640回 知識と技術の引き出しを増やし、黒坂流で悲願の甲子園を目指す!昌平(埼玉)【前編】2019年07月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【昌平の練習の模様をギャラリーで】
[1]心は熱く、頭は冷静に昌平野球
[2]例年とは違ったオフの過ごし方

 埼玉県北葛飾郡杉戸町に所在し、サッカー部が全国的な強豪として有名な昌平

 昨年の夏、第100回北埼玉県大会で春日部共栄を破ってから勢いに乗り、史上最高のベスト4入りを果たした。この春も県大会ベスト8入りし、絶対的な優勝候補がいない今年の埼玉県では優勝を狙える位置にある。
 そのチームを率いる黒坂洋介監督はいかにして、優勝候補と呼ばれるチームに育て上げたのか。その中身に徹底的に迫る。

心は熱く、頭は冷静に昌平野球



黒坂洋介監督

 黒坂監督のチーム作りの基礎は「豊富な知識と技術」。
この二つが基礎となり選手たちに教えを説いていく。その中でも、知識には力を入れており、その重要性をこう語る。

 「ピンチの場面で気持ちで負けるなという声がよく飛び交いますが、気持ちも大切。でもそれはナンセンスで、『豊富な知識がピンチを救う』これが一番だと現役時代から思っていました。知識がないやつに配球やポジショニングを考えて野球は出来ません」。

 この原点は、シダックス時代の野村克也監督の教えからきている。

 それに加えて、技術も教えていかなければならない。
「なんでそんなことも出来ないだ」と指導者や仲間が言うのは時代遅れ。出来ない選手を出来るようにさせてやるのが、指導者の役割。それは昌平の監督に復帰する前、少年野球のコーチをしていたことが今に生きていると実感している。

 現在は、選手たちの知識と技術の引き出しを増やさせるように指導することを心がけている。旧チームではとにかく時間が無かったので、一方的に提示するだけで選手の意見を吸収することが出来なかった。しかし、今年のチームは主将の佐藤克樹を中心に座学を増やし、選手の意見も吸収しながらチーム作りを行ってきたと話す。

 旧チームからエースを担ってきた米山 魁乙や4番を務めた渡邉 翔大など、多くの主力が残った新チーム。そして迎えた東部地区大会の代表決定戦では、花咲徳栄に1対8と完敗。安定して上位へ進む花咲徳栄との差を痛感した。

 「上で結果を残すチームとは、力の差があると選手は痛感したと思う。一球に対する声や集中力がウチにはなかったですね。特にミスショットはほとんどなく、痛打されたことで現状の力の無さを知る機会になりました」。

【次のページ】 例年とは違ったオフの過ごし方

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1031回 「全力少女シリーズ」の主演・池田朱那さん 「いつか野球の仕事がしたかった」 【2019年インタビュー】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第4回 「球数制限を行う健大高崎から学べるもの」古島弘三医師 インタビューVol.4【球数制限問題】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第42回 今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由【101回大会特集】
関東一vs熊本工【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1005回 キーワードは「立ち・フリック・タイミング」!米山魁乙(昌平)は切れ味を武器に全国の扉をこじ開ける!【後編】 【2019年インタビュー】
第1004回 どんな課題にも真摯に向き合う、真っすぐな投手 米山魁乙(昌平)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
米山 魁乙(昌平) 【選手名鑑】
大府 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
近大高専 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム