目次

[1]作り直していく中で台頭してきたエース・鈴木寛人
[2]好投手輩出の陰にロングブルペンあり

 悲願の甲子園初出場を果たしたのが2015(平成27)年夏。それまで、7年間で5度、茨城大会決勝で苦杯を舐めさせられてきた。そうして6度目の挑戦でついに悲願を果たしたのだが、それだけ県内では強豪校としての位置づけを維持し続けてきているともいえる。

 もっとも、一昨年夏には決勝で前半最大5点のリードをしながら、逆転され、一次は再度追いついたものの、延長の末に土浦日大に屈した。その悔しさは大きかった。また、昨夏もベスト4に進出したものの甲子園には届かなかった。果たして、今年はどんな夏になるのだろうか。4年ぶりを目指す霞ヶ浦を訪ねてみた。

~関連記事はこちらから~
第101回 全国高等学校野球選手権 茨城大会
霞ヶ浦高等学校 綾部 翔投手「先輩たちの思いを背負いレベルアップを追求し続けた3年間」
霞ヶ浦高等学校(茨城)【前編】
霞ヶ浦高等学校(茨城)【後編】

作り直していく中で台頭してきたエース・鈴木寛人


 昨年秋の県大会はベスト8に進出して藤代に敗退。しかし。春は守りが乱れたこともあって明秀日立に初戦で10対7という乱戦の末に敗退。やや不本意な結果に終わった、そこからの立て直しとして挑む夏となる。

 夏を目指す戦いとしては、6月になってチームとしては一気に仕上がってきたということを高橋祐二監督も実感している。というのも、ここへきて投手としては、期待していた鈴木 寛人君が一気に成長してきたなと感じさせてくれるようになってきたのが大きい。プロのスカウトからも、注目される存在になってきたのである。

 「春は、投手を含めた守りが崩れて、簡単に早く終わりましたから…。時間もあったので、そこから作り直していく時間もありました」

 そう、高橋監督は振り返るが、そこからもう一度鍛え直していく中で、投手陣の中から鈴木君が大きく抜け出してきたのだ。最速148キロまで表示しているというストレートのスピードもさることながら、球の回転がいい投手としての評価が高い。

 実は、そうした投手育成の背景には、霞ヶ浦独特の投手作りの秘訣があった。

 それは、プレートからホームベースまでの距離が30mもあるロングブルペンでの投げ込みだ。そこで、今の時期は週2回、ストレートで50球、変化球(カーブ)で20球の合計70球を投げる。これが、冬の時期には週3回行うという。通常のバッテリー間(18・44m)の倍近い長さを投げるのだが、これを6~7分程度の力で投げて、球の軌道がスーッと糸を引くようになっていくのが理想だという。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。