第944回 新戦力も整い、最後は「嬉し涙を流す」 神戸弘陵女子硬式野球部【後編】2019年07月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]期待の新人島野愛友利!
[2]普段の生活面の積み重ねを試合に生かす

普段の生活面の積み重ねを試合に生かす



マウンドに集まる神戸弘陵女子硬式野球部の選手たち

 取材に訪れたのは6月4日。選手権の開幕まで残り2ヶ月を切った時期だ。夏も優勝候補の本命であることは間違いないが、ライバルチームが神戸弘陵を目標に挑んでくることが予想される。
 「1日をどれだけ充実してやるかに尽きます。日々の取り組みから大会に向けてチーム力をつけていけるかだと思います」と石原監督は夏に向けての取り組みについて話してくれた。

 練習内容は極めてオーソドックスで、大会を勝ち抜くために秘策を用意しているわけでもない。日々の練習をどう充実させていくかが重要であると石原監督は考えている。その中でも特に重視しているのが野球よりも日々の生活だ。

 「寮生活や学校生活などの全てがプレーに繋がるので、日々の生活を大事にしています。野球の技術よりも人間性というのを明確にしています。野球さえやっていればいいんじゃないよと」

 日頃の行いがプレーに出ると考える石原監督は野球以外での生活面を重視している。野球だけでなく普段の生活からの積み重ねが試合に繋がるというのがチームの方針だ。その意識もあってかグラウンド内では機敏に動き回り、一球に対する集中力も高いように感じられた。特に打撃練習のボール集めでの素早さは男子でもなかなか見ることのできないスピードだった。練習を見学する際はぜひ見てもらいたい。

 いよいよ昨年の先輩が成し遂げられなかった3冠に挑戦する。「3冠を取りたいです。全員で嬉し涙が流せるように絶対勝って終わりたいです」と意気込む佐伯。これまでの取り組みの成果を発揮して夏も頂点を目指す。

文=馬場 遼

関連記事はこちらから!
窮地を脱して「三冠」へ王手をかける 神戸弘陵女子硬式野球部【前編】
「強さ」と「女性らしさ」を追い求め続ける!埼玉栄女子野球部(埼玉)に訪問
女子ながらキャプテンを任された松浦咲花(飯塚ボーイズ)に迫る!
女子野球ではプロ対アマ!?こんな対戦が見てみたい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第992回 来田、中森のドラフト候補コンビなど逸材が集結した兵庫県選抜!台湾遠征へ向けて逸材をピックアップ【大会展望・総括コラム】
第1039回 ジャイアンツカップ優勝投手として一躍話題!島野愛友利が女子高校野球の門を叩いた 【2019年インタビュー】
第943回 窮地を脱して「三冠」へ王手をかける 神戸弘陵女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第867回 大化けの予感を感じさせる直球の伸びとコマンド力!シニア全国3位の原動力・岡本陸(江戸川中央シニア) 【2019年インタビュー】
第855回 攻撃型2番の申し子・新井流星(武蔵狭山ボーイズ)が身に付けた屈強なメンタリティー 【2018年インタビュー】
第854回 今宮健太を彷彿させるユーティリティ性!渡邊翔真(武蔵狭山ボーイズ)は高校でも投打の核を狙っていく 【2018年インタビュー】
第853回 「中村剛也選手のような長打力を」永井龍樹(武蔵狭山ボーイズ)が語った長距離打者としての矜持 【2018年インタビュー】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
神戸弘陵vs市立尼崎【兵庫県 2017年夏の大会 第99回選手権兵庫大会】
第356回 【兵庫抽選会後 展望】明石商、報徳学園の二強は大会序盤から厳しい組み合わせに!強豪校を阻むチームの存在は?【大会展望・総括コラム】
第263回 2016年の高校野球を占う【兵庫編】「全国屈指の熱気とレベルを誇る兵庫県の注目選手、注目チームを一挙紹介!」【大会展望・総括コラム】
科学技術vs神戸弘陵【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
第2回 神戸弘陵学園高等学校(兵庫県)【僕らの熱い夏2015】
市川vs神戸弘陵【兵庫県 2014年秋の大会 平成26年度秋季兵庫県高校野球大会】
報徳学園vs神戸弘陵【兵庫県 2012年夏の大会 第94回選手権兵庫大会】
神戸弘陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム