第943回 窮地を脱して「三冠」へ王手をかける 神戸弘陵女子硬式野球部【前編】2019年07月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]今年こそ3冠を狙っていく!
[2]2冠を達成も、夏に向けて気持ちを引き締める

2冠を達成も、夏に向けて気持ちを引き締める



ベンチ前に集まる神戸弘陵女子硬式野球部の選手たち

 新チームとして臨む最初の公式戦は8月のユース大会。しかし、大会直前にエースの佐伯絵美(3年)がヘルニアで戦線離脱となってしまう。いきなり窮地に立たされたが、決勝までは約1週間あり、勝ち進むことができれば最後の1イニングで佐伯を投げさせることができるかもしれないとチームが一つになった。

 投手陣は控えの池上明里(3年)と松本桃(3年)が佐伯の不在をカバー。初戦の開志学園戦を5対4の接戦でものにすると、その勢いで順調に勝ち進む。「一球に込める想いが熱くて、絶対に優勝するんだというのが伝わってきました」と佐伯は仲間の活躍を頼もしく見守っていた。決勝の岐阜第一戦では5点リードの7回二死で佐伯が登板。最後の打者から三振を奪って大会3連覇を勝ち取った。

 ユース大会で優勝した時のことを「夢のようでした。嬉しいというよりも仲間に感謝という気持ちでした」と振り返る佐伯。「仲間への恩返し」をテーマに掲げて冬場は練習に取り組んでいたという。春の選抜では佐伯がユース大会の借りを返す働きを見せた。1回戦から全ての試合を投げ抜き、1失点の大活躍。7日間で5試合を戦うというハードスケジュールだったが、「その時は1試合に懸けていたので、全部投げている感じはしなかった」(佐伯)と疲労は全く感じていなかったそうだ。



チームを率いる石原康司監督

 決勝のクラーク記念国際戦では「残塁が多く、前半に攻めきれなかった」(石原監督)と0対0の展開が続いたが、「点を取られる気はしなかったので、負ける気はしなかったです」と佐伯は最後まで絶好調だった。
 打線は好投する佐伯を援護できていなかったが、7回裏の二死一、三塁から副主将・米谷奈月(3年)適時打でサヨナラ勝ち。殊勲の一打を放った米谷は「冬にやってきたことが全部報われる瞬間だったので、嬉しかったです。チームが一つになるようにやってきて、最後にみんなで一緒に喜べたので、冬頑張ってきた甲斐があったなと思います」と優勝の喜びをかみしめた。

 「どちらの大会もドラマチックだった」(石原監督)という形で2冠を達成した神戸弘陵。夏の選手権を勝てば3冠達成となるが、昨年の苦い経験もあり、そう簡単に成し遂げられるものとは考えていない。米谷も「夏は春以上に厳しい戦いになる」と気を引き締めている。

後編は本日18時に公開!お楽しみに!

【後編を読む】新戦力も整い、最後は「嬉し涙を流す」 神戸弘陵女子硬式野球部【後編】

文=馬場 遼

関連記事はこちらから!
「強さ」と「女性らしさ」を追い求め続ける!埼玉栄女子野球部(埼玉)に訪問
女子ながらキャプテンを任された松浦咲花(飯塚ボーイズ)に迫る!
女子野球ではプロ対アマ!?こんな対戦が見てみたい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1039回 ジャイアンツカップ優勝投手として一躍話題!島野愛友利が女子高校野球の門を叩いた 【2019年インタビュー】
第944回 新戦力も整い、最後は「嬉し涙を流す」 神戸弘陵女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
岐阜第一vs岐阜工【岐阜県 2019年夏の大会 第101回選手権岐阜大会】
第931回 北海を食い止めるの南北海道勢はどこだ?北北海道では実力が拮抗し合う混戦模様!【北海道大会展望】【大会展望・総括コラム】
第934回 秋、春の4強がそのまま勝ち上がるか?大垣日大、県立岐阜商らが岐阜の頂点目指して争う!【岐阜大会展望】【大会展望・総括コラム】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
県立岐阜商vs岐阜第一【岐阜県 2019年春の大会 平成31年春季岐阜県大会】
第881回 安定した岐阜4強の牙城を崩す学校が現れるのか?【大会展望・総括コラム】
岐阜第一vs海津明誠【岐阜県 2018年秋の大会 岐阜県秋季大会】
旭川大高vsクラーク記念国際【北海道 2015年秋の大会 第68回秋季北海道高校野球大会】
開志学園vs北越【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
開志学園 【高校別データ】
岐阜第一 【高校別データ】
クラーク記念国際 【高校別データ】
神戸弘陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム