目次
[1]延長12回23対20の敗戦が転機に
[2]メンタル面の成長が著しいバッテリー

 圧倒的に私学有利と言われている愛知県の高校野球構図。そんな中で、2012(平成24)年以降、夏の愛知大会はベスト4以上を3度経験している西尾東。記念大会の昨夏は、東愛知大会決勝まで進出。「甲子園出場」その夢が、本気で手の届くところにまで来ているという実感もある。県内では、公立の雄という位置付けを確実に築いてくるようになった。どこにでもある地域の普通の公立校が躍進していった背景は何か…。グラウンドを訪ねて探ってみた。

延長12回23対20の敗戦が転機に


 あと一つ勝てば、学校始まって以来の東海地区大会進出がかかった昨年の秋季愛知県大会3位決定戦。記念大会だった夏の東愛知大会では決勝進出を果たしており、甲子園出場を語っても、誰もが本気だと感じてくれて、「それは、見果てぬ夢だ」などとは言わなくなっていた。まして、秋は21世紀枠という選択肢も視野に入れて、「甲子園へ行くぞ」という思いは高まっていた。そんな思いで挑んだ3位決定戦だった。

 その試合は史上まれに見る大乱戦となり、16対16で延長にもつれ込んで、10回にはお互いに3点ずつ取り合って、さらに延長は続いて12回、中部大春日丘に4点を奪われ、その裏1点を返すにとどまり、ついに死闘は幕を閉じた。9回には4点リードを満塁本塁打で追いつかれた。そして延長10回は3点をリードされた。しかし、その裏、4番の加藤 健輔君が「ここは本塁打しかない」という場面で、左中間に3ランを放り込んで同点に追いついたというドラマチックな展開でもあった。

 指の故障もあって前日の準決勝で打ち込まれ、気持ちを切り替えて臨んでいたエースの山田 紘太郎君。しかし、やはり傷が癒えず、味方のリードにもかかわらずそれを徐々に返されてマウンドを降りていた。

 「言い訳になるかもしれませんが、万全ではなかったというのも確かです。周囲からは、21世紀枠でのセンバツ出場も期待されると言われましたが、自分としては東海大会に出場して勝ち上がっていくことを目標としていたので、県ベスト4は、それはそれでチームの今の結果としては素直に嬉しかったけれども、悔しい思いの方が強かった」
そう秋を振り返る。

 悔しい思いで見つめていた相手の満塁本塁打で追いつかれた。さらに延長で逆転される悔しい場面を見させられながらも、加藤君の同点3ランで追いついた。

 「(加藤君が)ベース回っている姿を見ているうちに涙が出てきました」
と、その時の思いを語る。結局は、延長12回で23対20と敗れてしまうが、「あんな経験はなかった」と、よきにつけ、悪しきにつけ、この試合がこのチームのエネルギーとなっていることも確かである。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。