第611回 タレント揃いの函館工!洞察力の山崎健佑、4番捕手の平泉駿太に注目!【後編】2019年05月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【函館工のフォトギャラリーをチェック!】

【目次】
[1]チームの大事なワンピース山崎健佑
[2]チームの要、平泉駿太!

 前編では、主将でもありエースの佐々木 柊二について書かせてもらった。後編では、佐々木以外の是非知ってほしい注目の2選手にスポットライトを当てる。

関連記事
函館工を投打で引っ張る主将・佐々木柊二の魅力【前編】

チームの大事なワンピース山崎健佑



山崎健佑

 佐々木 柊二と同じく旧チームから試合に出ているのが副キャプテンの山崎 健佑である。山崎も佐々木と同じく状況判断に優れている選手の1人である。

 「盗塁、特に三盗は自信があります」

 この言葉が言えるには、試合経験や周りが見える洞察力があるからだろう。

 主将の佐々木も山崎には全幅の信頼を寄せる。

 「山崎も去年から経験がある選手なのでランナーに出たら走塁もしっかり出来ますし守備もしっかり出来ますし試合を作っていける選手ので信頼しています」

 そんな山崎は、夏を見越してバッティング強化をポイントに挙げてくれた。

 「バッティングが課題でやっぱり打たないと勝てないそのため冬の期間はバッティングを中心に練習しました。変化球だったりそういう対応の練習をしました。夏になり相手のピッチャーも変化球も良くなってくるんでそういうの打つ練習をメインに行ってきました」

 旧チームから試合に出ている、佐々木、山崎がしっかりとチームを引っ張っていければ、チームが安定した力を出せる。もちろん山崎もその点は理解している。

 「やっぱり春・夏そうなんですけど、初めて試合に出てプレッシャーとか感じます。秋とか自分たちの代になってその経験から落ち着いてプレーできました、みんなを引っ張っていけると思います」

 と話してくれた。

【次のページ】 チームの要、平泉駿太!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第610回 函館工を投打で引っ張る主将・佐々木柊二の魅力【前編】【野球部訪問】
北海道栄vs函館工【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
第92回 北海道函館工業高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
第46回 苫小牧中央高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
苫小牧中央vs函館工【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
第103回 「2015年の高校野球を占う」【南北海道編】 選抜出場の東海大四を中心に強豪揃いの南北海道【大会展望・総括コラム】
北見工vs函館工【北海道 2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会】
佐々木 柊二(函館工) 【選手名鑑】
平泉 駿太(函館工) 【選手名鑑】
山崎 健佑(函館工) 【選手名鑑】
函館工 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム