第610回 函館工を投打で引っ張る主将・佐々木柊二の魅力【前編】2019年05月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
【函館工のフォトギャラリーをチェック!】

【目次】
[1]新チームからマウンドへ!急成長を続けるエース佐々木!
[2]プレーヤーとしての佐々木の魅力!

 つくし(土筆)が顔を覗かせ、函館に春の訪れを告げている。学校に入るとすぐに、函館工のグランドから元気な声が聞こえてきた。取材当日は、野球部、ハンドボール部、サッカー部がグランドで練習していた。その他ラグビー部など始め他の部もグランドを使用するという。野球部だけでグラウンドを使用できる日は少ない。そんな環境の中でも工夫をしながら練習を行い、着実に結果を出している同校。昨年は、21世紀枠候補にも選出されている。

 限られた環境での工夫をした練習や、五稜郭のイルミネーションの飾り付けを手伝うなどの地域貢献も評価されたのだろう。そんな近年注目度が上がってきている函館工のキーパーソン3名に話を伺った。

 旧チームよりレギュラーで試合に出ている、佐々木 柊二山崎 健佑、そして佐々木とバッテリーを組む平泉 駿太の3人のインタビューより、函館工の強さの秘密に迫る。

新チームからマウンドへ!急成長を続けるエース佐々木!



エース・佐々木柊二

 「特別上手い選手、ずば抜けた選手はいないんですが、一人一人が状況状況で落ちついたバッティング、ゴロ捕球でも、しっかり膝をついてでもしっかり止めるとか、しっかりやるべきことをやって、チームとしても全力疾走、全力発声を徹底しているので、やれることをしっかりやれるチームだと思います」

 チームについて、自分の言葉でしっかりと話してくれたのは、主将でかつエースの佐々木 柊二だ。

 佐々木は旧チームでは遊撃手で試合に出ていた。秋の大会よりマウンドに上がると、支部予選を勝ち上がり、全道大会でも好投を見せた。

 佐々木は、秋季大会でどんな点で課題を感じていたのだろうか?

 「自分自身に足りないと思ったところは、公式戦で打たれたり、味方のミスが出たときに周りが見えなくなってしまったところです。周りを信用しきれなかったと言うか、自分で一人相撲をやってしまったというのがあったので、もっと余裕を持っていれば、周りが見えたんじゃないのかなというのが反省点でした」

 秋に感じた課題を、今どのように消化してきたのだろうか?

 「雪解け後に何試合か練習試合をしました。ピンチの場面でもしっかり落ち着いて投げ急がなかったりできてるのかなと、秋の経験が活きているいると思います」

 そこには、もう急造投手でなく函館工のエース佐々木がいた。

【次のページ】 プレーヤーとしての佐々木の魅力!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第611回 タレント揃いの函館工!洞察力の山崎健佑、4番捕手の平泉駿太に注目!【後編】【野球部訪問】
北海道栄vs函館工【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
第92回 北海道函館工業高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
第46回 苫小牧中央高等学校(北海道)【冬が僕らを強くする2017】
苫小牧中央vs函館工【北海道 2016年秋の大会 第69回秋季北海道高校野球大会】
第103回 「2015年の高校野球を占う」【南北海道編】 選抜出場の東海大四を中心に強豪揃いの南北海道【大会展望・総括コラム】
北見工vs函館工【北海道 2014年秋の大会 第67回秋季北海道高校野球大会】
佐々木 柊二(函館工) 【選手名鑑】
平泉 駿太(函館工) 【選手名鑑】
山崎 健佑(函館工) 【選手名鑑】
函館工 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム